犬同士が仲悪いサインは何?仲良くさせる方法や口を噛み合う場合は喧嘩なのかも紹介!

犬の社会性とコミュニケーション能力は、彼らの幸福と健康にとって不可欠な要素です。

しかし、時には犬同士の間に緊張が生じ、犬同士の仲が悪いサインが現れることがあります。

飼い主さんとしては、犬同士も友好な関係であってほしいはずですが、どうしたら良いのでしょう?

飼い主さん

犬同士が仲悪いサインには何があるのかしら?
犬同士を仲良くさせる方法はどういう物なの?口を噛み合う場合は喧嘩なのかしら?

飼い主さん

この記事はこんな人にオススメ!
  • 犬同士が仲悪いサインは何?
  • 犬同士を仲良くさせる方法は?初対面で仲の悪い犬を仲良くさせる方法なんてあるの??
  • 犬同士が口を噛み合うのは喧嘩?口を開けてじゃれる遊び??
  • 犬同士がガウガウするのは喧嘩?じゃれあいなの??
  • 犬同士で首を噛むのはじゃれあい?危ない??
  • 犬同士が追いかけ回すのは大丈夫??
  • 犬が仲悪いと一緒に寝ることはない?

まなか

犬同士が仲悪いサインは何!?犬同士を仲良くさせる方法や、口を噛み合う場合はじゃれあいなのか喧嘩なのかも教えて!

というあなたのために説明していきますね。

犬同士が仲悪いサインは何?

犬同士が仲が悪いと感じるサインには、いくつかの典型的なものがあります。

これらのサインを把握し、適切に対処することで、犬たちの相互理解と安全を確保することができます。

犬同士が仲悪いサインはこちら
  1. 体言語の変化: 仲が悪い時、犬はしばしば耳を後ろに倒したり、尻尾を下げたりします。これは不安や攻撃的な気持ちを示している可能性があります。
  2. 威嚇する行動: うなる、歯を見せる、尖った声を出すなどの行動は、他の犬に対する威嚇のサインです。
  3. 凝視: 犬が他の犬をじっと見つめる行動は、しばしば敵意の表れです。これは緊張や不安を高めることがあります。
  4. 避ける行動: 一方の犬がもう一方を避けるような行動も、仲が悪いサインです。これはストレスや恐怖を示している可能性があります。
  5. 身体的衝突: 犬同士が物理的に争うことは、明らかに仲が悪いサインです。これには噛みつく、突進する、追いかけるなどが含まれます。

これらのサインを理解し、犬同士の交流に注意深く目を光らせることは重要です。

問題が見られる場合はドッグトレーナーの方に訓練をお願いしたり、可能であればその犬同士が一緒にならないように心がけましょう。

また、犬同士の安全な交流を促進するためには、社会化の訓練と適切な管理が必要です。

犬同士を仲良くさせる方法は?初対面で仲の悪い犬を仲良くさせる方法なんてあるの?

犬同士を初対面で仲良くさせるためには、慎重で段階的なアプローチが重要です。以下の手順を参考にしてください。

初対面の犬同士を仲良くさせる方法
  1. 事前の準備
  2. 安全な環境の提供
  3. リードを使用
  4. ゆっくりと距離を縮める
  5. 監視下での相互作用
  6. ポジティブな経験を重ねる
  7. 落ち着いた態度を保つ
  8. 焦らずに時間をかける
  9. 専門家の助けを借りる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.事前の準備

犬がリラックスしている状態で会わせることが大切です。散歩や運動でエネルギーを使わせてから会わせると良いでしょう。

2.安全な環境の提供

安全な環境の提供初めて会わせる際は、中立的な場所で行うことが望ましいです。どちらの犬も自分のテリトリーだと感じない場所が適しています。

3.リードを使用

最初は両方の犬をリードにつなぎます。これにより、状況が悪化した場合に迅速に介入できます。

4.ゆっくりと距離を縮める

犬同士がお互いの存在に慣れるまで、距離を保ちながら徐々に近づけていきます。犬がリラックスしているサイン(しっぽを振る、リラックスした体の姿勢)を見せたら、さらに近づけてもよいでしょう。

5.監視下での相互作用

最初の数回の相互作用は、短時間にしておくことが重要です。お互いの反応を注意深く見守ります。

6.ポジティブな経験を重ねる

お互いにポジティブな体験を提供することで、犬同士の関係を強化できます。遊びやおやつを共有することで、互いの存在を楽しいものと連想させることができます。

7.落ち着いた態度を保つ

犬は飼い主の感情を敏感に察知します。落ち着いて、ポジティブな態度を保つことが大切です。

8.焦らずに時間をかける

すぐには仲良くなれないこともあります。焦らずに時間をかけ、犬たちが互いに慣れ合うのを待ちます。

9.専門家の助けを借りる

どうしてもうまくいかない場合は、動物行動学の専門家や訓練士に相談するのが良いでしょう。

初対面で犬同士を仲良くさせるというのは、かなり大変なことなのね

まなか

チワワ先輩

そうなんだよね。会ったばかりの犬をすぐに仲良くさせるというのは難しいから、飼い主さんが焦らずにいるというのも大事だよ

このように、犬同士を仲良くさせるためには、犬の性格や感情を理解し、適切な環境と機会を提供することが大切です。

また、犬たちが互いに慣れるまで時間をかけることも重要です。

犬同士が口を噛み合うのは喧嘩?口を開けてじゃれる遊び?

犬同士が口を噛み合う行動は、遊んでいたりじゃれている場合と、喧嘩している場合があります。

見分け方として、犬の様子をしっかりチェックすることが大事です。

以下に見分け方のポイントをまとめたので、ぜひチェックしてみてください。

犬同士が口を噛み合う場合に喧嘩か遊びかの見分け方
  1. 遊びのサイン
    • リラックスした体言語: 犬がリラックスしていて、尻尾を振っている、耳がリラックスしているなどのサインがある場合、行動は遊びとしての噛み合いである可能性が高いです。
    • プレイバウ: 犬が前脚を地面につけ、後ろ脚を上げた遊びの招待のポーズをとることがあります。
    • 交代する行動: 一方が支配的な立場にいる時と逆の時があるなど、支配と服従のバランスが取れている場合、それは遊びの一環です。
    • 抑制された噛みつき: 遊びの際の噛みつきは通常、力を抑えており、実際の噛みつきよりもソフトです。
  2. 喧嘩のサイン
    • 攻撃的な体言語: 耳が後ろに引かれ、毛が逆立ち、唸り声をあげるなど、体が硬直している場合、喧嘩の可能性があります。
    • 強い噛みつき: 実際の噛みつきは力強く、相手にダメージを与える可能性があります。
    • 持続的な凝視: 相手をじっと見つめる行動は、敵意のサインです。
    • 逃げようとする行動: 一方の犬が逃げようとしているが、もう一方が攻撃的に追いかける場合、それは喧嘩です。

遊びの噛み合いは、犬同士の社会的相互作用の正常な一部であり、特に若い犬に多く見られます。

ワンちゃん同士がものすごく怖い顔をして口を噛み合う行動をしていても、喧嘩でなく、じゃれているだけということもあるのよね

まなか

チワワ先輩

そうなんだよね。ただ、喧嘩に発展する可能性がまったくないわけではないから、犬の行動を慎重に監視して、必要だと感じたら飼い主さん介入してあげてね

犬同士がガウガウするのは喧嘩?じゃれあいなの?

犬同士が「ガウガウ」と鳴く行動は、犬の様子をしっかりチェックすることによって、喧嘩か遊びかを判断することができます。

ガウガウしている場合は、以下のポイントを理解することが重要です。

犬同士がガウガウしている場合が遊びか喧嘩かの見分け方
  1. 遊びとしての「ガウガウ」:
    • リラックスした体言語: 遊びの際の「ガウガウ」は、リラックスした耳の位置、尻尾の振り、全体的にリラックスした姿勢などを伴います。
    • プレイバウ: 遊びの招待としてのポーズである「プレイバウ」(前脚を下げて、後ろ脚を伸ばす)が見られることがあります。
    • 交代する行動: 一方が追いかける役、もう一方が逃げる役といったように、役割が交代することがあります。
  2. 喧嘩としての「ガウガウ」:
    • 攻撃的な体言語: 耳が後ろに引かれ、毛が逆立ち、唸り声を上げるなど、体が硬直している場合は喧嘩の可能性があります。
    • 強い噛みつきや突進: 実際の攻撃行動が伴う場合は喧嘩です。
    • 持続的な凝視: 相手をじっと見つめる行動は敵意のサインです。
    • 一方的な行動: 一方の犬が攻撃的で、もう一方が明らかに怖がっている、または逃げようとしている場合、それは喧嘩です。
なるほど。遊びのガウガウならリラックスした様子が見られるし、喧嘩のガウガウなら毛が逆立ったり、体が硬直したりするのね

まなか

チワワ先輩

そうなんだよね。一方的な行動が見られる場合も、喧嘩のガウガウなことがほとんどだよ

遊びの中での「ガウガウ」は、犬同士の遊びやコミュニケーションの一部として一般的ですが、時には喧嘩に発展する可能性があります。

犬の行動を慎重に監視し、事故が起きてしまう前に、必要に応じて介入することが重要です。

犬同士の相互作用を正しく理解し、問題が起きてしまう前に飼い主さんが適切な処置をとることが求められます。

犬同士で首を噛むのはじゃれあい?危ない?

犬同士で首を噛む行動は、犬たちの様子をしっかりチェックすることによって遊びのじゃれあいか、より危険な行動かを判断することができます。

以下のポイントを考慮することが重要です。

犬同士で首を噛む場合に危険かどうかの見分け方
    1. 遊びのじゃれあいとしての首の噛み合い:
      • リラックスした体言語: 犬がリラックスしていて、尻尾を振っている、耳がリラックスしているなどのサインがある場合、それは遊びの一環である可能性が高いです。
      • 抑制された噛みつき: 遊びの際の噛み合いは通常、力を抑えており、実際の噛みつきよりもソフトです。
      • 遊びのサイン: プレイバウ(遊びの招待のポーズ)や相互に追いかけっこをするなどの行動が伴う場合、それは遊びとしての行動です。
    2. 危険な首の噛み合い:
      • 攻撃的な体言語: 耳が後ろに引かれる、毛が逆立ちする、唸り声を上げるなどのサインがある場合は、喧嘩または攻撃的な行動の可能性があります。
      • 強い噛みつき: 実際の攻撃行動が伴う場合、特に噛みつきが強く、相手に傷をつけるような場合は、危険な行動です。
      • 一方的な攻撃: 一方の犬が支配的で、もう一方が怖がっている、逃げようとしている場合、それは攻撃的な行動です。

首を噛む行動は、特に力が強くなると危険性が高まります。

首は重要な器官が集中している部位であり、過度の力が加わると怪我のリスクがあります。

犬の遊びにはしばしば噛み合いが含まれますが、力の加減を間違えると喧嘩や怪我につながる可能性があるため、状況を慎重に監視し、必要に応じて介入することが重要です。

また、犬の行動を正しく理解し、安全を確保するために、その体言語に注意を払うことが求められます。

犬同士が追いかけ回すのは大丈夫?

犬同士がお互いを追いかけ回す行動は、多くの場合、正常で健全な遊び行動の一部です。

しかしながら、状況によっては注意が必要な場合もあります。

以下のポイントを考慮して判断することが重要です。

犬同士が追いかけ回す場合に大丈夫かどうかの見分け方
  1. 健康的な遊びの兆候:
    • リラックスした体言語: 犬がリラックスしている様子、尻尾を振っていたり、遊びの招待のポーズ(プレイバウ)を見せるなどがあれば、これは健全な遊びの一部です。
    • 役割の交換: 追いかける役と追われる役が交代する場合、それはバランスの取れた遊びであり、両方の犬が楽しんでいます。
    • 休憩の挿入: 遊びが激しくなりすぎないように、犬同士が自然に休憩を挿入することがあります。
  2. 注意が必要な兆候:
    • 一方的な行動: 一方の犬が常に追いかける役で、もう一方が怖がっている、または逃げようとしている場合、これはストレスや恐怖を示している可能性があります。
    • 攻撃的な体言語: 耳が後ろに引かれたり、歯をむき出しにするなどの攻撃的なサインが見られる場合、遊びではなく、より攻撃的な行動かもしれません。
    • 過度の興奮や疲労: 長時間の追いかけっこは、特に暑い日などには過度の疲労や脱水症状を引き起こす可能性があります。

犬の追いかけっこは、運動と社会化の良い機会を提供しますが、遊びが適切な範囲内で行われているかを確認することが重要です。

犬がストレスを感じていたり、不安を示している場合は、飼い主さんが介入して状況を落ち着かせてあげたいわね

まなか

チワワ先輩

そうだね。あとは、一方のワンちゃんが支配的すぎる場合も、飼い主さんが介入してあげた方がいいよ

犬が安全に遊べるように、適切な環境の提供と飼い主さんが見守ってあげることが大切です。

犬が仲悪いと一緒に寝ることはない?

犬の仲が悪い場合、通常は一緒に寝ることは少ないですが、これには例外もあります。

犬の行動は個々の性格や状況に大きく依存します。

以下の点を考慮してください。

犬の仲が悪いのに一緒に寝る場合
  1. 個々の性格: 犬の性格には個体差があり、一部の犬は他の犬との密接な接触を好むことがあります。これは、仲が悪い場合でも同じ場所で寝ることを選ぶかもしれません。
  2. 環境と状況: 寒い環境や限られたスペースなど、特定の状況下では、犬が互いの体温を利用するために一緒に寝ることがあります。
  3. 支配関係の確立: 一部の犬は、支配関係を示すために他の犬の近くで寝ることがあります。これは必ずしも友好的な行動とは限りません。
  4. 慣れ合いのプロセス: 時には、最初は仲が悪い犬同士が、時間の経過とともに互いに慣れ、一緒に寝るようになることもあります。

犬が一緒に寝るかどうかは、その犬たちの相互関係と個々の快適さに大きく依存します。

もし犬同士が明らかにストレスを感じている場合や、互いに攻撃的な行動を示している場合は、その犬たちが一緒に寝るということはおすすめできないわね

まなか

チワワ先輩

そうだね。犬の行動や相互関係に注意を払って、お家の中にいる場合も居るスペースを分ける必要があるかもしれないし、必要に応じて状況を調整することが重要だよ