雌犬が腰を振る理由は何?マウンティングはヒート中に多い?ぬいぐるみにすることも多いか紹介!

雌犬が腰を振る行動は、飼い主にとって時に驚きや疑問を引き起こすことがあります。

この行動は一見すると遊びや愛情表現の一形態に見えるかもしれませんが、実際にはさまざまな理由が存在します。

特にマウンティングと呼ばれる行動は、ヒート(発情期)中に多く見られることがありますが、それ以外の理由もあります。

飼い主さん

雌犬が腰を振る理由は何なのかしら?
雌犬のマウンティングはヒート中に多いの?ぬいぐるみにすることもあるんだけれど、これは正常なのかしら?

飼い主さん

この記事はこんな人にオススメ!
  • 雌犬が腰を振る理由は何?
  • 雌犬のマウンティングはヒート中によく見られる?
  • 雌犬はぬいぐるみにマウティングすることも?
  • 雌犬にマウンティングをやめさせる方法は?
  • 犬(雌)はマウンティングを避妊後にもする?

まなか

雌犬が腰を振る理由は何?マウンティングはヒート中に多いのか、ぬいぐるみにすることも多いのか教えて!

というあなたのために説明していきますね。



雌犬が腰を振る理由は何?

雌犬が腰を振る行動は、いくつかの理由に基づいている可能性があります。

この行動は、動物の健康、心理状態、環境の変化、または生理的な要因によって異なることがあります。

以下に、雌犬が腰を振る主な理由を説明します。

雌犬が腰を振る主な理由
  1. 発情期
  2. 遊びや社交的な行動
  3. 自分の優位性を示すため
  4. 不快やストレス
  5. 医学的な理由
  6. 注意を引きたい

1.発情期

雌犬が発情期に入ると、配偶者を引き寄せるために特定の行動を示すことがあります。

腰を振る行動は、その一つであり、性的な興味を示しているサインと解釈されることがあります。

2. 遊びや社交的な行動

犬は社交的な動物であり、遊びや他の犬とのコミュニケーションの一環として腰を振ることがあります。

この行動は、友好的なジェスチャーとして他の犬に向けられることもあります。

3.自分の優位性を示すため

犬は「自分が家の中で一番だ!」と、優位性を示すために腰を振る・マウンティングをすることがあります。

これは雄だけでなく雌犬もやることです。

4.不快やストレス

雌犬が不快感やストレスを感じている場合、腰を振ることでその感情を表現することがあります。

特に、環境の変化や新しい状況への適応が難しいときに見られることがあります。

5.医学的な理由

時には腰を振る行動は、医学的な問題の兆候であることがあります。

例えば、皮膚の問題、寄生虫の感染、生殖器の異常などが原因で、不快感を和らげるためにこのような行動をとることがあります。

6.注意を引きたい

雌犬が飼い主の注意を引きたいときに、腰を振るような行動をとることがあります。

これは、遊んでほしい、外に出たい、または何かが欲しいというサインである可能性があります。

雌犬が腰を振る理由は、こんなに色々なものがあるのね

まなか

チワワ先輩

そうなんだよね。雌犬が腰を振る場合は、その他の行動パターンや状況の変化にも注意を払って、必要に応じて獣医さんやドッグトレーナーの意見を求めることも重要だよ



雌犬のマウンティングはヒート中によく見られる?ぬいぐるみにマウティングすることも?

雌犬のマウンティング行動は、ヒート(発情期)中によく見られる行動の一つですが、発情期に限らず様々な理由で行われることがあります。

この行動は性的な動機に基づくこともあれば、支配性・遊び・ストレス解消・注意を引くため、または習慣から行われることもあります。

ヒート中の雌犬は、性ホルモンの変動によって行動が変わることがあるのよね

まなか

チワワ先輩

そうなんだよね。この期間中にマウンティング行動をするということは、生殖への本能的な動機による場合があるよ。ただ、さっきも紹介したけれど、雌犬がマウンティングを行うのは、必ずしも性的な意図だけではないんだよね

雌犬はぬいぐるみにマウンティングすることもあります。

こちらが、雌犬がぬいぐるみにマウンティングする理由です。

雌犬がぬいぐるみにマウンティングする理由
  • 遊びや自己刺激:特に遊び好きな犬や若い犬では、遊びや自己刺激の一環としてぬいぐるみにマウンティングすることがあります。
  • ストレスや不安の発散:新しい環境やストレスが多い状況では、緊張を解消するためにマウンティングを行うことがあります。
  • 支配性の表現:他の犬やオブジェクトに対する支配性を示す行動としてマウンティングを行うことがありますが、これは必ずしも攻撃性とは関連しない社会的な行動です。
  • 習慣:一度マウンティング行動が始まると、習慣化することがあります。特に特定のオブジェクトに対してこの行動を繰り返すことがあります。

雌犬のマウンティング行動は多様な理由に基づいており、ヒート中だけでなく、他の多くの動機によっても起こり得ます。

犬が頻繁にマウンティング行動を示す場合は、その背景にある原因を理解し、必要に応じて行動修正のための訓練や専門家のアドバイスを求めることが重要です。

雌犬にマウンティングをやめさせる方法は?

雌犬にマウンティング行動をやめさせるためには、根本原因を理解し、適切なトレーニングや対応策を採用することが重要です。

以下に、雌犬のマウンティング行動を減らすためのいくつかの方法を紹介します。

雌犬にマウンティングをやめさせる方法
  1. 原因の特定
  2. 適切なトレーニング
  3. 注意のそらし
  4. 環境の管理
  5. ストレスや不安の軽減
  6. 獣医師との相談
  7. ドッグトレーナーに助けを求める

1.原因の特定

まず、犬がマウンティング行動を示す理由を特定することが重要です。

ストレス、興奮、遊び、社会的なコミュニケーション、または医学的な問題が原因である場合があります。

2.適切なトレーニング

基本的な服従トレーニングである「座れ」「待て」などの基本的な命令を教えることで、犬に自己制御を学ばせることができます。

また、マウンティング行動を始めそうになったときに、別の行動(おもちゃで遊ぶ、座るなど)を行うように指示し、その行動を褒めて報酬を与えます。

3.注意のそらし

マウンティング行動を始めたときに、おもちゃや遊びで犬の注意を別のものに向けさせることが効果的です。

4.環境の管理

マウンティング行動を促す可能性のある状況や刺激を避けるようにします。

例えば、特定の人や犬が近くにいるときにこの行動が見られる場合、それらの状況を管理することが重要です。

5.ストレスや不安の軽減

犬のストレスや不安を軽減するために、穏やかな環境を提供し、定期的な運動や遊びの時間を設けます。

6.獣医師との相談

マウンティング行動が医学的な問題によるものである可能性がある場合、獣医さんに相談して、適切な治療をします。

7.ドッグトレーナー助けを求める

行動が改善されない場合や、原因が不明な場合は、ドッグトレーナーに相談することが有効です。

彼らは個別の状況に応じたアドバイスやトレーニングプログラムを提供できます。

マウンティング行動を完全に止めさせることは難しい場合もあるけれど、これらの方法を組み合わせることで、行動を管理して、マウンティングを減少させることができるとされているわよね

まなか

チワワ先輩

そうなんだよね♪重要なのは、犬に対して一貫性を持って対応することと、忍耐強くトレーニングを続けることだよ

犬(雌)はマウンティングを避妊後にもする?

犬(雌)はマウンティングを避妊後にもすることがあります。

そっか。雌犬のマウンティングは避妊後にも見られることがあるのね

まなか

チワワ先輩

そうなんだよね。避妊手術は犬の生殖能力を取り除くもので、性ホルモンの影響を大幅に減少させるけれど、それでもマウンティングするということは性ホルモンによるマウンティングじゃない可能性もあるね

マウンティング行動は性ホルモンだけでなく、多様な理由によって引き起こされることがあります。

避妊手術後に雌犬がマウンティング行動を続ける理由には、以下のようなものがあります。

避妊手術後のマウンティング行動の理由
  1. 社会的なコミュニケーション:犬はマウンティングを通じて他の犬や人との社会的な関係を築くことがあります。この行動は、支配や服従の関係を示す方法として用いられることがありますが、必ずしも攻撃性や支配欲求を意味するわけではありません。
  2. 遊びや興奮の表現:犬が遊び心からまたは興奮状態でマウンティング行動を示すことがあります。これは、避妊手術を受けていても変わらない行動パターンです。
  3. ストレスや不安の解消:不安やストレスを感じているときにマウンティング行動を取る犬もいます。これは、彼らが感じている不快感や緊張を緩和する一つの方法となり得ます。
  4. 習慣:ある犬は、特定の状況や刺激に反応してマウンティング行動を取るようになり、時間が経つにつれてこれが習慣化することがあります。
なるほど。マウンティングが習慣化してしまっていたり、それがコミュニケーションになってしまっていることもあるのね

まなか

チワワ先輩

そうなんだよね。避妊手術後も続くマウンティング行動をやめさせたいなら、行動修正トレーニングをしてあげることをおすすめするよ

犬に代替行動を教えること・行動を無視して強化しないこと、または特定の状況や刺激を避けることによって、この行動を減少させることができます。

また、行動が頻繁に見られる場合は、しつけのプロの方に相談することもおすすめです。



【まとめ】雌犬が腰を振る理由を知って適切に対処しよう!

雌犬が腰を振る行動は、多くの飼い主にとって疑問や驚きを引き起こすものです。

この行動は遊びや愛情表現と見えることがありますが、実際には発情期、遊びや社交的な行動・自分の優位性を示すため、不快やストレス・医学的な理由・注意を引きたいというさまざまな理由から起こります。

特に発情期には、性的な興味を示すサインとして腰を振る行動が見られるけれど、ヒート中だけでなくストレス解消や支配性の表現などの理由でもマウンティングすることがあるのよね

まなか

チワワ先輩

そうなんだよね。雌犬がぬいぐるみにマウンティングすることもあって、これは遊びや自己刺激・ストレスや不安の発散・支配性の表現、習慣から来る行動なんだよ

マウンティングをやめさせるには、原因の特定から始め、適切なトレーニング、注意のそらし、環境の管理、ストレスや不安の軽減、獣医師やドッグトレーナーとの相談が有効です。

避妊手術後も雌犬がマウンティング行動を続けることがあり、これは社会的コミュニケーション、遊びや興奮の表現、ストレスや不安の解消、習慣など、性ホルモン以外の多様な理由に基づくことが多いです。

避妊後も続くマウンティング行動を減らすためには、行動修正トレーニングをしたりドッグトレーナーさんやプロの助けを求めるというのがおすすめです。