犬は水道水と浄水のどちらがいい?浄水器はダメというのは嘘?カルキ抜きの煮沸はいらないかも紹介!

犬は家族の一員であり、彼らの健康と幸せを守ることは私たちの重要な責任です。

水は生命の源であり、私たちだけでなく愛するペットの日々の生活にも欠かせない要素ですよね。

犬に与える水は、水道水と浄水のどちらがいいのでしょう?

飼い主さん

犬にあげる水は、水道水と浄水のどちらがいいのかしら?
犬に浄水器を通した水はダメというのは本当なのかしら?水道水をそのままあげた方がいいの?

飼い主さん

この記事はこんな人にオススメ!
  • 犬にとって水道水と浄水のどちらがいい?
  • 犬の水は何がいい?
  • 犬に浄水器はダメというのは嘘?
  • 犬に水道水を飲ませる場合にカルキ抜きの煮沸はしなくて大丈夫?

まなか

犬は水道水と浄水のどちらがいい?浄水器はダメというのは嘘なの?カルキ抜きの煮沸はいらないかも紹介!

というあなたのために説明していきますね。



犬にとって水道水と浄水のどちらがいい?犬の水は何がいい?

犬の健康と活力を維持する上で、水分補給は非常に重要です。

しかし、飼い主として、犬に水道水を与えるべきか、それとも浄水を選ぶべきか迷うことがあるでしょう。

犬にとって水道水と浄水のどちらがいいのかしら?犬の水は何がいいの?

まなか

チワワ先輩

基本的には水道水でも浄水でもいいと言われているんだけれど、今回は詳しく見ていこうか

水道水の安全性

水道水は、多くの地域で人間が飲用するにあたり安全とされています。

しかし、地域によっては水質に差があり、犬にとって有害な化学物質や重金属が含まれている場合があります。

このため、水道水を犬に与える前に、地元の水質報告書を確認することが重要です。

また、水道水に含まれる塩素やフッ化物などの添加物が、特定の犬にアレルギーや敏感反応を引き起こす可能性もあります。

浄水のメリット

浄水は、不純物や有害物質が取り除かれているため、一般的に水道水よりも安全で清潔とされています。

浄水器を使用することで、犬が摂取する水からクロラミン・鉛・塩素、その他の汚染物質を除去できます。

これによって敏感な胃のワンちゃんは健康になることもあるのよね

まなか

チワワ先輩

そうなんだよね♪ 健康問題を抱えているワンちゃんは、浄水器を通した水の方がいいこともあるんだよね

考慮すべき点

そして、こちらが水道水を飲ませる時に注意することです。

水道水を飲ませるときに注意する点
  • 地域の水質: 地域によって水質は異なります。地元の水道局から水質報告書を入手し、犬にとって安全かどうかを確認しましょう。
  • 犬の健康状態: 特定の健康問題を持つ犬は、水質により敏感な場合があります。獣医師と相談し、最適な水の選択を決定しましょう。
  • 浄水システムの種類: 浄水器には様々な種類があります。有害物質を効果的に除去できるシステムを選ぶことが重要です。

犬に水道水か浄水のどちらがいいかを選ぶ際は、地域の水質・犬の健康状態・利用可能な浄水システムを考慮することが重要です。

どちらの選択肢もメリットとデメリットがありますが、犬の健康と安全を最優先に考え、適切な選択を行うことが必要です。

住んでいる場所によって、水道水の水質も違ってくるから、不安なら浄水器を通した水をワンちゃんにも飲ませるといいかもしれないわね

まなか

チワワ先輩

そうだね♪

また、お水について不安に思うことなどがあれば、獣医さんに相談してみるのもおすすめです。



犬に浄水器はダメというのは嘘?誤解を解く

犬の健康を心から願う飼い主ならば、ペットが毎日摂取する水の質について慎重に考えることは当然のことです。

近年、犬に浄水器を使用することに関してさまざまな意見が飛び交っていますが、その多くは誤解に基づいていることがあります。

よく、犬の浄水器を使用した水を使用するのはダメということが言われているから、気になっていたのよね。浄水器はダメではないのかしら?

まなか

チワワ先輩

犬に浄水器を通した水を飲ませるのは、ダメというわけではないよ。安全性やメリット・注意点を見ていこうか

ここでは、犬に浄水器を使用することの真実を探り、安全性と利点を明らかにします。

浄水器の安全性

浄水器は、水から有害な汚染物質や化学物質を除去することを目的としています。

これにより、水道水に含まれる可能性のあるクロラミン、鉛、塩素などを取り除くことができます。

これらの物質は、特に長期間にわたって摂取された場合、犬の健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

犬に浄水器を使用するメリット

こちらが犬に浄水器を使用するメリットです。

犬に浄水器を使用するメリット
  • 健康リスクの低減: 浄水器は有害物質を除去することで、犬の健康リスクを低減させます。
  • 味が良い: 浄水は味が良く、犬が水をより多く飲むようになる可能性があります。これは特に、十分な水分摂取が難しい犬にとって重要です。
  • 敏感な犬に適している: 敏感な胃を持つ犬や、特定の化学物質に対してアレルギーを持つ犬にとって、浄水はより安全な選択です。

そして、以下が浄水器を使用する場合の注意点です。

  • 浄水器の種類: すべての浄水器が同じ効果を持つわけではありません。購入前に、どのタイプの汚染物質を除去できるかを確認してください。
  • 定期的なメンテナンス: 浄水器は、効果的に機能させるために定期的なメンテナンスが必要です。フィルターの交換や清掃を怠ると、逆に水質が悪化する可能性があります。

犬に浄水器を使用することが「ダメ」というのは誤解です。

適切なタイプの浄水器を選んで、定期的なメンテナンスを行うことで、犬にとって安全で健康的な水を提供できるのよね♪

まなか

チワワ先輩

そうなんだよね♪ワンちゃんの健康と幸福を守るために、浄水器の利用を検討してみる価値は大いにあるはずだよ



犬に水道水を飲ませる場合にカルキ抜きの煮沸はしなくて大丈夫?

犬に水道水を飲ませる場合に、カルキ抜きの煮沸はしなくて大丈夫です。

多くの飼い主が犬に安全な水を提供したいと考える中で、水道水のカルキ抜きに関する煮沸処理の必要性が疑問視されることがあります。

水道水に含まれる塩素(カルキ)は、有害なバクテリアやウイルスを殺すために加えられますが、同時に犬の敏感な胃に影響を与える可能性もあります。

塩素は、水道水を安全にするため広く使用されている消毒剤だけれど、水道水をそのまま飲ませている飼い主さんもいるからそこまで問題ないのかと思っていたわね

まなか

チワワ先輩

そうだよね。ただ、中にはとっても敏感なワンちゃんもいて、塩素による軽度の胃腸の不調が見られることもあるんだよ。あとは塩素が水に残留していて、味が苦手な犬が水分を飲むことをためらってしまうということもあるみたいだね

煮沸は、水道水から塩素を除去する効果的な方法の一つです。

煮沸により、塩素は揮発して水から除去されます。

この処理は、特に塩素の味や臭いに敏感な犬にとって有益かもしれません。

ただ、すべての飼い主さんが毎回水道水を煮沸するというのは、難しいかもしれないわね

まなか

チワワ先輩

そうだよね

煮沸以外の選択肢としては以下のようなものがあります。

  • 浄水器の利用: 家庭用浄水器は、塩素を含む多くの汚染物質を効果的に除去できます。
  • 水道水を数時間放置する: 水を数時間開放しておくと、塩素が自然に蒸発することもあります。これは、煮沸する時間がない場合の簡単な代替手段です。

犬に水道水を飲ませる際のカルキ抜き煮沸は、必ずしも必要ではありませんが、塩素に敏感な犬や特定の健康問題を持つ犬にとっては有益な処理かもしれません。

煮沸するかどうかを決める前に、犬の健康状態や、地域の水質を考慮することが重要です。

不確かな場合は、獣医師のアドバイスを求めることをおすすめします。


【関連記事】
南アルプスの天然水は犬に飲ませていい?犬の飲める水をコンビニで買いたい場合はこれをチェック!