温厚な犬ランキングは?穏やかな犬種は小型犬なら何?性格のいい犬の特徴も紹介!

犬は人類の最良の友とも言われるくらい、その性格は愛情深く忠実で、時には驚くほど温厚であることが多いです。

しかし、犬種によってその性格や気質は大きく異なります。

家族としてワンちゃんを新しく迎える場合は、その犬種の特性を理解することがとても重要です。

飼い主さん

温厚な犬ランキングでは何が1位なのかしら?
穏やかな犬種は大型犬に多いイメージだけれど、小型犬なら何の犬種が温厚なのか?

飼い主さん

この記事はこんな人にオススメ!
  • 温厚な犬ランキングを知りたい!
  • 穏やかな犬種は小型犬なら何?大人しい小型犬ランキングを教えて!
  • 穏やかな犬種は中型犬なら何?
  • 穏やかな温厚な犬は大型犬なら何?
  • 性格のいい犬の特徴は?
  • 穏やかな犬に育てるコツは?

まなか

温厚な犬ランキングは?穏やかな犬種は小型犬なら何?性格のいい犬の特徴も教えて!

というあなたのために説明していきますね。



目次

温厚な犬ランキング1位から15位はこちら!

こちらが、温厚な犬ランキングです。

温厚な犬ランキング1位から15位はこちら!
  • 1位:ラブラドール・レトリバー
  • 2位:ゴールデン・レトリバー
  • 3位:キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル
  • 4位:ビーグル
  • 5位:バーニーズ・マウンテン・ドッグ
  • 6位:ブルドッグ
  • 7位:ボクサー
  • 8位:パグ
  • 9位:コッカー・スパニエル
  • 10位:シェットランド・シープドッグ
  • 11位:ニューファンドランド
  • 12位:ビション・フリーゼ
  • 13位:オーストラリアン・シェパード
  • 14位:ボーダー・コリー
  • 15位:ウェルシュ・コーギー・ペンブローク

それぞれの犬種について詳しく見ていきましょう。

1位:ラブラドール・レトリバー

非常に人懐っこく、家族や子供との相性が良いことで知られています。忍耐力があり、訓練もしやすい犬種です。

2位:ゴールデン・レトリバー

ラブラドール・レトリバーと同様に、非常に友好的で温厚な性格を持っています。社交的で、人との関わりを楽しむ犬種です。



3位:キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル

小型犬ながらも非常に心優しく、人懐っこい性格が特徴です。静かで、家の中での生活に適しています。

4位:ビーグル

好奇心旺盛で明るい性格を持ち、子供たちと遊ぶのが大好きです。適度な運動が必要ですが、家族との時間を楽しむ犬種です。

5位:バーニーズ・マウンテン・ドッグ

その大きな体格とは裏腹に、非常に穏やかで忠実な性格をしています。

家族の一員としての役割を果たすことを楽しむ犬種です。

6位:ブルドッグ

見た目がユニークで、落ち着いた性格をしています。

熱を持ちやすいので気温管理には注意が必要ですが、家族とゆっくり過ごすのを好みます。

7位:ボクサー

活発で遊び好きながらも、非常に忠実で温厚な性格を持っています。家族を守る意識が強い犬種です。

8位:パグ

小さな体に大きな個性を持ち、愛嬌があり人懐っこい性格です。比較的運動要求が低く、室内での生活に適しています。

9位:コッカー・スパニエル

活動的で愛情深い性格を持っています。家族との関わりを大切にし、子供とも良好な関係を築きます。

10位:シェットランド・シープドッグ

賢く、訓練を受けやすい性格を持っています。

家族に対して非常に忠実で、子供との相性も良いです。



11位:ニューファンドランド

水難救助犬としても知られるこの犬種は、非常に優しく、忍耐強い性格を持っています。大型犬ながらも家族との時間を大切にします。

12位:ビション・フリーゼ

小型でありながらも非常に陽気で、人懐っこい性格の犬種です。アレルギーを持つ人にも適していると言われています。

13位:オーストラリアン・シェパード

非常に賢く、活動的であるため、適度な運動と精神的な刺激が必要ですが、家族に対する愛情は深いです。

14位:ボーダー・コリー

非常に賢く、訓練がしやすい犬種です。活動的な家族や、運動を楽しむ人に最適です。

15位:ウェルシュ・コーギー・ペンブローク

小型ながらも堅実で、忠実な性格を持っています。家族との関わりを重視し、活発な性格です。

このランキングはあくまで一般的な特性に基づいたものであり、各犬種の個体によって性格には大きな差があります。

犬種選びをする際は、その犬種の特性だけでなく、個々の犬の性格や健康状態も考慮することが大切です。

穏やかな犬種は小型犬ならこちら!大人しい小型犬ランキングを紹介!

穏やかな性格を持つ小型犬種のランキングを1位から10位まで紹介します。

これらの犬種は、その温和な気質で知られており、家庭内でのペットとして非常に適しています。

穏やかな大人しい小型犬ランキング1位から5位はこちら!
  • 1位:キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル
  • 2位:フレンチ・ブルドッグ
  • 3位:パグ
  • 4位:ビション・フリーゼ
  • 5位:マルチーズ

詳しく見ていきましょう。

1位:キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル

愛情深く、人懐っこい性格で、家族の中で非常に人気があります。

2位:フレンチ・ブルドッグ

社交的で、静かな性格が特徴です。小さな体格ながらも、大きな個性を持っています。

3位:パグ

ユーモアのセンスがあり、愛情深い犬種です。その独特な顔と性格で多くの人に愛されています。

4位:ビション・フリーゼ

陽気で活発、そして非常に親しみやすい性格をしています。家族と過ごす時間を楽しむことができます。

5位:マルチーズ

優雅で穏やか、そして非常に忠実な犬種です。ソーシャルで愛情表現が豊かです。



穏やかな犬種は中型犬ならこちら!

穏やかな性格を持つ中型犬種のランキング1位から5位までの紹介です。

これらの犬種は、その温和な性格と扱いやすさで知られています。

穏やかな犬種は中型犬ならこちら!
  • 1位:ビーグル
  • 2位:ブルドッグ
  • 3位:コッカー・スパニエル
  • 4位:オーストラリアン・シェパード
  • 5位:ボーダー・コリー

詳しく見ていきましょう。

1位:ビーグル

友好的で好奇心旺盛な性格。子供や他のペットとも上手くやっていけます。

2位:ブルドッグ

外見が個性的で、穏やかな性格を持つこの犬種は、暑さに弱いため温度管理が重要です。しかし、家族とのんびりとした時間を過ごすことを好むため、家庭での愛情深いパートナーとなります。

3位:コッカー・スパニエル

活発で友好的な性格が特徴。家族の一員として非常に愛されています。

4位:オーストラリアン・シェパード

活発で知的な犬種で、トレーニングを楽しむ。

5位:ボーダー・コリー

非常に賢く活動的な犬種。家族との活動を楽しみます。



穏やかな温厚な犬は大型犬ならこちら!

穏やかで温厚な性格を持つ大型犬種のランキングを紹介します。

これらの犬種は、その落ち着いた性格で知られており、家族との時間を楽しむのに最適です。

穏やかな温厚な大型犬はこちら!
  • 1位:ラブラドール・レトリバー
  • 2位:ゴールデン・レトリバー
  • 3位:バーニーズ・マウンテン・ドッグ
  • 4位:ニューファンドランド
  • 5位:レオンベルガー

それぞれの犬種についてチェックしていきましょう♪

1位:ラブラドール・レトリバー

ラブラドール・レトリバーは中型犬から大型犬に分類されることもあります。

彼らは非常にフレンドリーで、家族の一員として扱われることを喜びます。

2位:ゴールデン・レトリバー

ゴールデン・レトリバーはその友好的で穏やかな性格は大型犬種の中でも特に人気があります。家族向けの犬として最適です。

3位:バーニーズ・マウンテン・ドッグ

バーニーズ・マウンテン・ドッグは、スイス原産の大型犬で、落ち着いた性格と家族に対する忠誠心が高いことで知られています。彼らは子供たちとの遊び相手にも最適です。

4位:ニューファンドランド

ニューファンドランドは、その巨体に反して非常に優しく、子供に対しても非常に温かい犬種です。彼らは泳ぎが得意で、救助犬としても活躍します。

5位:レオンベルガー

レオンベルガーはドイツ原産の犬種で、その大きな体格とは裏腹に、非常に優しく温和な性格をしています。

彼らは家族の中で穏やかに過ごすことを好み、子供や他のペットとも上手に接することができます。

これらの大型犬種は、一般的に人との強い絆を築くことを好み、家庭での生活に適しています。

大型犬種を迎える際には、十分なスペースと運動が必要であること、また、彼らの健康と幸福のために十分な時間とリソースを割く必要があることを考慮してください。



性格のいい犬の特徴は?

性格のいい犬の特徴は以下の6つがあります。

性格のいい犬の特徴はこちら
  1. 社交的
  2. 忍耐強い
  3. 学習意欲がある
  4. 適応性
  5. 愛情深い
  6. 忠実

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.社交的

性格のいい犬は、人間や他の犬との交流を楽しむ社交的な性質を持っています。これらの犬は、新しい人やペットに対して好奇心旺盛で、友好的な振る舞いを見せることが多いです。

2.忍耐強い

忍耐力も性格の良い犬の特徴の一つです。これらの犬は、刺激的な環境や新しい状況に対しても落ち着いて対応でき、ストレスを感じにくい傾向があります。

3.学習意欲がある

訓練や新しいコマンドを学ぶ意欲が高い犬は、性格が良いとされがちです。好奇心旺盛で、飼い主からの指示に耳を傾け、積極的に学習しようとする姿勢が見られます。

4.適応性

様々な環境や状況に柔軟に対応できる適応性も、性格のいい犬の重要な特徴です。家族のライフスタイルの変化や移動にもストレスなく対応できる能力を持っています。

5.愛情深い

愛情深さは、性格の良い犬に共通する特性です。これらの犬は、飼い主や家族メンバーに対して深い愛情を示し、時には慰めや支えとなることもあります。

6.忠実

忠実さも見逃せない特徴です。信頼関係を大切にし、飼い主のそばにいることを好む犬は、強い絆で結ばれています。

性格のいい犬の特徴は、確かに「なるほど!」と思わされるものばかりだったわね♪

まなか

チワワ先輩

そうだね♪社交性や忍耐力・学習意欲があるかどうか・適応性・愛情深さ、そして忠実さは飼い主さんと犬との幸せな関係を築く上で重要な要素だよ

これらの特徴を持つ犬は、家族の一員として、長年にわたり喜びと幸福をもたらしてくれるでしょう。

穏やかな犬に育てるコツは何?

穏やかな犬に育てるためには、幼い頃から適切な社会化、訓練、愛情深いケアが必要です。

以下に、穏やかな性格の犬を育てるためのコツをいくつか紹介します。

穏やかな犬に育てるためのコツ
  1. 早期の社会化
  2. 一貫した訓練
  3. 愛情深い関係の構築
  4. 適切な運動
  5. 健康管理

1.早期の社会化

幼犬期(生後3〜16週間)にさまざまな人、動物、環境に触れさせることで、新しい状況に対する恐怖や不安を減らし、穏やかな性格を育みます。

また、様々な状況でポジティブな経験をさせることで、自信を持って落ち着いて行動できるようになります。

2. 一貫した訓練

報酬を使った訓練方法で、望ましいポジティブな行動を強化します。

叱るよりも、正しい行動をした時に報酬を与えることで、学習を促進します。

さらに、「座れ」「待て」「こっちへ来い」などの基本的な命令を教えることで、犬が落ち着いて行動できるようになります。

3.愛情深い関係の構築

定期的に遊ぶ時間を設け、一緒に過ごす時間を増やすことで、犬との強い絆を築きます。

安心できる環境を整えることで、犬がリラックスできるようにします。

4.適切な運動

犬種や年齢に応じた適切な運動を提供することで、ストレスを減らし、落ち着いた状態を保ちます。

5.健康管理

定期的に獣医師のチェックを受け、予防接種や健康管理を怠らないことで、不快や痛みによるストレスや攻撃性の原因を減らします。

穏やかな犬を育てるためには、愛情と忍耐、そして一貫性が鍵となります。ポジティブな関係を築き、適切な社会化と訓練を行うことで、犬は安心して穏やかな性格を育むことができます。

【関連記事】
室内犬で飼いやすい犬種ランキングはこちら!一人暮らしでも飼いやすい犬ランキングも紹介!

臭わない・毛が抜けない犬は?小型犬や中型犬・大型犬で臭いがなく抜け毛が少ない犬を紹介!

飼ってはいけない犬ランキング15選はこちら!犬種の特徴や飼ってはいけないと言われる理由を紹介!

飼って後悔した犬種は何?飼ってよかった犬種ランキングは何なのかも紹介!

マンションで犬を飼う場合に飼いやすい犬種は何?犬の鳴き声がどこまで聞こえるかも紹介!