犬を自転車かごに入れるのはNG!?道路交通法違反になるの?カゴから落ちる子も!

最近、よく愛犬を自転車のカゴに入れて運転している人を見かけます。

これは、道路交通法違反にならないのでしょうか?

飼い主さん

確かワンちゃんのリードを持って、飼い主さんが自転車に乗って散歩するのは違反になるのよね。かごに入れるのはどうなのかしら?
自転車カゴにワンちゃんを入れるのは個人的にやめて欲しいんだけれどな。カゴから落ちる子もいるみたいだけれど、どうなんだろう?

飼い主さん

この記事はこんな人にオススメ!
・犬を自転車かごに入れるのはNGなの!?
・犬を自転車かごに入れると道路交通法違反になる可能性も?
・犬をドッグスリングで抱っこして自転車に乗るのもNG?
・犬をペットバッグに入れてバッグごと自転車カゴに入れるのはOK?
・愛犬が自転車カゴから落ちる!?病院に連れて行った人の話も

まなか

犬を自転車かごに入れるのはNG!?道路交通法違反になるのか教えて!

というあなたのために説明していきますね。

犬を自転車かごに入れるのはNG!?道路交通法違反になるの?

愛犬を自転車の前かごに入れてワンちゃんを散歩していたり、どこかへ一緒にお出かけしている飼い主さんをよく見かけます。

これって、道路交通違反になる可能性はあるのでしょうか?

どうなんだろう?個人的には危ないような気がしちゃうんだけれど・・・

まなか

チワワ先輩

僕も気になって調べてみたんだよ。そしたら、道路交通違反がこんなものだとわかったんだよ

こちらが道路交通法の中で、自転車について書かれているものです。

道路交通法119条1項9号はこちら!
自転車の運転者は、ハンドルやブレーキなどを確実に操作し、かつ、道路状況に応じ他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転をしなければなりません。これに違反したときは刑事罰として3月以下の懲役又は5万円以下の罰金が科せられることがあります。

道路交通法119条1項9号には、『自転車の運転者はハンドルやブレーキなどを確実に操作して、道路状況に応じて他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転をしなければならない』と書いてあります。

つまり、ワンちゃんが自転車の前かごで暴れてしまっていたりするところを警察の方に見られた場合、『安全な運転ができていない』ということで刑事罰を受ける可能性もあるということです。

確かに、ワンちゃんは色々なものに興味を持って身を乗り出しちゃったりもするわよね

まなか

チワワ先輩

飼い主さんも、そんなワンちゃんに気を取られて安全な運転ができなくなる可能性もあるよね

どうしても自転車は車を運転するよりも気軽にしてしまいますが、自転車は軽車両なのです。

最近では、片手でスマホを操作をしながら自転車を運転していた高校生がおばあさんを引いてしまい、引かれたおばあさんが死亡する事故もありました。

この高校生は1億円近い賠償金を支払わなければいけないことになったようです。

ペットを自転車に乗せていた場合も、こういう事故が起きてしまう可能性は十分にあるわよね

まなか

チワワ先輩

そうだね。それに、ペットも事故が起きてしまった場合はひどい怪我を負ってしまう可能性が高いから、やっぱり僕は自転車のカゴに乗せるのはオススメできないな

犬を自転車カゴに入れるときにバッグに入れるのはどうなの?

では、愛犬を自転車の前かごに入れる場合でも、ペットバッグに入れた状態で前かごに入れた場合はどうなのでしょう。

弁護士の方によると、この場合は『犬の動きが相当制限されているため、道交法違反とまではいえない可能性が高い』とのことです。

チワワ先輩

確かに、ペットバッグに入った状態であればワンちゃんが暴れちゃったりした場合でも、自転車の運転に支障が出ることはそんなにないもんね
そうね。どうしてもワンちゃんを自転車でどこかに連れていかなければいけない場合は、ペットバッグを利用して欲しいわね

まなか

ペットバッグでもワンちゃんの顔が出ない、上の画像のようなタイプのものであればより安全に運転できるのでオススメです。

ドッグスリングを使って犬を抱いた状態で自転車に乗るのはどうなの?

では、ドッグスリングを使ってワンちゃんを抱いた状態で自転車に乗るのは道路交通法違反にはならないのでしょうか?

これは、道路交通法になる可能性が高いとのことでした。

チワワ先輩

確かに、ドッグスリングでワンちゃんを抱いた状態だと、ワンちゃんの動きだったり重みで自転車の運転が影響されることは十分に考えられるもんね
運転している人が安定を失う可能性が高いものはやっぱりダメなのね

まなか

『チワワみたいな体重が軽いワンちゃんならいいんじゃない?』と思ってしまいがちですが、体重が軽い小型犬であったとしてもドッグスリングの中で暴れてしまうとやはり運転手がバランスを崩す可能性があります。

自転車の運転手がバランスを崩す可能性があるのであれば、ワンちゃんの重さに関わらずに道路交通法違反になる可能性があるということは覚えておいてくださいね!

愛犬が自転車カゴから落ちる!?怪我をさせてしまった飼い主さんの話

そして、自転車カゴに愛犬を乗せて運転していたら落下してしまって、愛犬に怪我をさせてしまったという飼い主さんもいました。

その方はすぐに動物病院に連れていったようですが、軽い打撲で済んだようです。

チワワ先輩

ワンちゃんが進んでいる自転車から落ちるということは、相当な衝撃があるよね。怪我をして当然だよね
それに、もし落下したワンちゃんがパニックになって道路に飛び出してしまって引かれてしまったら・・・2重の事故の可能性もあるのね

まなか

もし、愛犬を自転車カゴに乗せていて落下してしまった場合は、すぐに動物病院に連れて行くようにしてください。

そして、今後はペットバッグに入れて自転車カゴにバッグごと入れるようにするか、サイズ的に入れるのが無理なら諦めることをオススメします。

自転車でワンちゃんを連れて行くのは便利かもしれないけれど、ワンちゃんの安全・命を優先したいわね

まなか

飼い主さんが安全だと思っていても、ワンちゃんをそのまま自転車の前かごに入れて運転するのは警察官のさじ加減によって道路交通法違反と見られてしまうこともあるから気をつけてね。

【まとめ】愛犬を自転車の前かごに入れて乗っている場合は道路交通法違反になる可能性あり!

愛犬を自転車の前かごに入れる場合はペットバッグを使おう
愛犬を自転車の前かごに、そのまま入れて運転している場合は道路交通法違反になる可能性が高いです。
道路交通法では、自転車の運転についてこんなことが書かれています。

道路交通法119条1項9号はこちら
自転車の運転者は、ハンドルやブレーキなどを確実に操作し、かつ、道路状況に応じ他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転をしなければなりません。これに違反したときは刑事罰として3月以下の懲役又は5万円以下の罰金が科せられることがあります。

そのため、愛犬を自転車の前かごに入れて乗る場合は、ドッグスリングなどではなくペットバッグを使って、ワンちゃんがもし暴れてしまっても自転車の運転に影響を与えないものを使って運転するようにしましょう

チワワ先輩

特に、最近は事故が起きた場合は自転車に乗っている人にも大きな責任を問われることが多いから、気をつけてね
もし、事故が起きてしまった場合はワンちゃんも怪我をする可能性が高いから、安全面が高い方法をとってあげてね

まなか