犬の呼吸が苦しそうな時の対処法!原因は何?熱中症や病気の可能性も?

ワンちゃんがたくさん走って楽しそうにしているのは、見ているこちらまで楽しくなりますよね^^

ただ、走って時間がだいぶ経つのにワンちゃんの呼吸が苦しそう・・・

もしくは走ったりしていないのにワンちゃんの呼吸が苦しそうだと

飼い主さん

大丈夫?どうしちゃったの?
体調不良や病気なのかしら?

飼い主さん

と心配になりますよね。

この記事はこんな人にオススメ!

・愛犬の呼吸が苦しそうなときにはどうすればいい?対処法は?
・ワンちゃんの呼吸が苦しそうなときには熱中症や病気の可能性もある?
・普段から飼い主さんが気をつけてあげられることは?

まなか

呼吸が苦しそうなワンちゃんがとにかく心配!なんとかしてあげたいから対処法を教えて!

というあなたのために
説明していきますね^^

犬の呼吸が苦しそうな時の対処法!原因は3つ!

ワンちゃんの呼吸が苦しそうな時、考えられる原因は主に3つあります。

犬の呼吸が苦しそうな時に考えられる3つの原因!
1.熱中症

2.肺水腫

3.肺動脈狭窄症

こちらが、それぞれの症状の対処法です。

犬の呼吸が苦しそうな時に考えられる3つの原因と対処法!

1.熱中症の場合

1.熱中症になった場合、ワンちゃんの意識があれば
すぐにカラダを冷やして水分補給をすること。
そのあと必ず病院へ連れて行ってください。

ワンちゃんの意識がない場合は、
ワンちゃんの体を濡れたタオルなどで冷やしながら
すぐに病院へ連れて行ってください。
お腹や脇にタオルにくるんだ保冷剤を当てて
冷やしてあげるのも良いです。

 

2.肺水腫の場合

2.肺水腫は病院で治療してもらうことになります。
肺水腫の詳しい説明など後ほど書きますので、参考にしてください。

 

3.肺動脈狭窄症の場合

3.肺動脈狭窄症は、軽度である場合や
病院で診てもらっても治療の必要がないと
判断されることもあります。
症状がひどいときには、病院で
内科的治療や外科手術を受けます。

あなたの愛犬が
あまりにも息苦しそうで心配
という場合は一度、病院で
お医者さんに診てもらって下さいね。

我が家のチワワも肺動脈狭窄症と診断された!

実は、我が家のチワワも
軽度の肺動脈狭窄症
定期健診の時に診断されました。

しかし、
肺動脈狭窄症といっても
軽いものだったので
内科的治療や外科手術も行わず

お医者さんからは、
もし呼吸が苦しそうな場合は
病院にすぐにくるように
と言われました。

チワワ先輩

定期検診で心臓の音をチェックして雑音がしたことから肺動脈狭窄症が見つかることもあるよ
やっぱり定期検診を受けることは大事なのね!

まなか

ワンちゃんの呼吸が苦しそうな場合は
病気や体調不良の可能性が高いので
そのままにせずに、病院に行って
お医者さんに診てもらってくださいね。

犬の呼吸が苦しそうな時の原因と対処法の詳しい説明!

ここからは、
ワンちゃんの呼吸が苦しそうな時の
原因と対処法の詳しい説明を
していきます。

1.熱中症の場合

実は、ワンちゃんは
夏だけではなくて
冬にも熱中症になってしまう
リスクがあるのです。

冬にも日差しが強い日がありますが、
そういう日に『冬だし大丈夫だろう』と
車内でワンちゃんを一人でお留守番、

戻ってきたら、車内が
外よりも熱くなってしまっていて
ワンちゃんが熱中症になっていた

ということもあります。

ワンちゃんは、冬でも熱中症になる危険があるのね

まなか

チワワ先輩

ワンちゃんは、ほとんど汗をかかないから車の中みたいな狭い空間にいると体温調節がうまくできなくて熱中症になりやすいんだね

冬に、ワンちゃんと一緒に
車で移動する時には
暖房をかけると思います。

この暖房も、人に合わせて
温度設定をしてしまうと
ワンちゃんにとって暑かったり
熱中症になってしまうことも
あるので注意してくださいね!

熱中症の症状
・口を大きく開けて『ハッハッ』と
早くて苦しそうな呼吸をする

・嘔吐や下痢

・ヨダレを大量に出すこともある

・目が充血する

・フラフラと歩く

〜〜〜ココから重症化した場合〜〜〜

・虚脱や失神する

・意識が混濁、呼びかけに反応しない

・全身に痙攣発作

・吐血、下血

・血尿

・チアノーゼ

・ショック症状

・最悪の場合、死に至る

熱中症は、症状がひどいと
亡くなってしまう怖い病気です。

お留守番をさせる時には
締め切った部屋・室内ではなく
風通しを良くしておくようにしましょう。

炎天下の日には
散歩しない、外で遊ばせないということも
大事です。

チワワ先輩

ちょっと太っているワンちゃんは、特に注意が必要だね
もしも熱中症になった場合は?
ワンちゃんの意識があれば
すぐにカラダを冷やして水分補給。
そのあと必ず病院へ連れて行ってください。

ワンちゃんの意識がない場合は、
ワンちゃんの体を濡れたタオルなどで
冷やしながらすぐに病院へ
連れて行ってください。

お腹や脇にタオルにくるんだ保冷剤を当てて
冷やしてあげるのも良いです。

2.肺水腫の場合

肺水腫とは
肺に水がたまった状態のことです。

心臓病や肺炎などが原因となって
発症します。

ワンちゃんが肺水腫になると
呼吸が荒くなって
最悪の場合、呼吸困難になります。

怖い病気ね・・・見分ける方法はないのかしら?

まなか

チワワ先輩

ワンちゃんが肺水腫になると呼吸が荒くなるだけでなくこんな症状が出るみたいだよ
肺水腫の症状
・呼吸を少しでも楽にしようと、がに股になる
・前足をつっぱった状態で座るようになる

〜〜〜ココから重症化した場合〜〜〜

・泡状の鼻水が出る
・舌が青紫色になる
・チアノーゼ

こうした肺水腫の症状が見られた場合は
すぐに病院に行ってくださいね!

肺水腫は、
心臓の障害が原因となって起こる
『心臓性肺水腫』

それ以外の原因で起こる
『非心臓性肺水腫』の2つがありますが
ワンちゃんの場合は
心臓性肺水腫であることが
ほとんどです。

チワワ先輩

心臓の働きが低下して血液の流れが滞って、肺の中に血液の成分が漏れ出すことで肺水腫が引き起こされるんだね
予防法とかはないのかしら?

まなか

肺水腫のみを
直接予防する方法はありません。

しかし、
肺水腫の原因となる病気を
予防したり早期発見することは
定期検診で十分できます。

やっぱり定期検診が大事なのね

まなか

もしも肺水腫になった場合の治療法!
・利尿剤や血管拡張剤を投与
・肺にたまった水を血管内に戻して
尿と一緒に排出させる
・気管支拡張剤を投与(肺に酸素を取り込みやすくするため)

3.肺動脈狭窄症の場合

肺動脈狭窄症は
犬の先天性心臓疾患の中で
3番目に多いとされている
疾患です。

我が家のチワワも
軽度の先天性肺動脈狭窄症でした。

肺動脈弁やその周囲が
先天的に狭くなってしまっており
健康診断で心臓に雑音がすることから
発見されました。

チワワ先輩

軽度の肺動脈狭窄症であれば、運動をしたがらない程度の症状で、とくに目立った症状はないよ
ひどい症状だと、どのようなものがあるのかしら?

まなか

こちらが、肺動脈狭窄症の
症状です。

肺水腫の症状
・激しい運動や興奮したときに
ふらつく、倒れる、呼吸困難になる

・心不全になる

肺動脈狭窄症になる原因は
今のところわかっていませんが、
遺伝的な要因があるのではと
されているようです。

もしも肺動脈狭窄症になった場合の治療法!
・軽度の場合で症状がない場合は
治療しない(生活にも支障はない)
ただし、定期的な検査&経過観察が必要

・症状がある場合、重度な場合は
内科的治療や狭窄部分を広げる外科手術を行う

以上が
ワンちゃんが息苦しそうな場合に
考えられる主な原因と対処法です。

ワンちゃんが
息苦しそうにしている場合、
何か重大な病気を抱えている
可能性が高いです。

そのままにせずに
お医者さんに見てもらってくださいね。

【まとめ】犬の呼吸が苦しそうな時の対処法を覚えて適切な行動を!

犬の呼吸が苦しそうな時の対処法!

ワンちゃんの呼吸が苦しそうな時に
考えられる主な3つの原因はこちらです。

犬の呼吸が苦しそうな時の原因は3つ!
1.熱中症

2.肺水腫

3.肺動脈狭窄症

こちらがそれぞれの対処法です。

犬の呼吸が苦しそうな時の原因は3つ!
1.熱中症になった場合、ワンちゃんの意識があれば
すぐにカラダを冷やして水分補給をすること。
そのあと必ず病院へ連れて行ってください。

ワンちゃんの意識がない場合は、
ワンちゃんの体を濡れたタオルなどで冷やしながら
すぐに病院へ連れて行ってください。
お腹や脇にタオルにくるんだ保冷剤を当てて
冷やしてあげるのも良いです。

2.肺水腫は、
病院で治療してもらうことになります。

3.肺動脈狭窄症は、軽度である場合や
病院で診てもらっても治療の必要がないと
判断されることもあります。
症状がひどいときには、病院で
内科的治療や外科手術を受けます。

肺動脈狭窄症は
定期検診で心臓に雑音がすることから
発見されることがあります。

実際に、我が家のチワワも
定期検診で肺動脈狭窄症と
診断されましたが軽い症状だったので
治療などはせず

もし呼吸が荒くなったり
症状がひどくなったら
すぐに病院にくるようにと
お医者さんから言われました。

ワンちゃんの定期検診には必ず行ってあげてたいわね♪

まなか

チワワ先輩

ワンちゃんの呼吸の異常に気づいたら、すぐに対処法をとって病院に行ってあげてね

病気リスクを減らそう!大切な愛犬のための無添加ドックフード

大切なワンちゃんには
長生きしてずっと元気に
暮らして欲しいですが
気になるのが病気リスクですよね。

ワンちゃんも歳をとればとるほど
病気になるリスクが増えていきます。

ワンちゃんの病気リスクを減らすために、一体何ができるのかしら?

飼い主さん

あなたの大切なワンちゃんの
病気リスクを減らすために
できることは色々とありますが

一番簡単なのは

ドッグフードを変えることです。

どうしてワンちゃんの病気リスクを減らすことで、一番簡単なのがドッグフードを変えることなの?

まなか

チワワ先輩

人間もそうだけれど、ワンちゃんも食べるもので体が作られていくんだ。けれど、市販のドッグフードは検査基準が緩くて、添加物だったり防腐剤・発がん性物質が大量に含まれているケースがあるんだよね
えっ、そうだったのね!市販のドッグフードは安くて安全だと思っていたけれど違うのね・・・

まなか

ドッグフードに含まれている
添加物や防腐剤・発がん性物質は
ワンちゃんの病気リスクを
高めてしまうのです。

しかし、
ドッグフードを変えると言っても
種類がたくさんありすぎて
どれがいいドッグフードなのか
分からない・・・

そんな方は
馬肉自然づくり
のようなドッグフードがいいですよ。

馬肉自然づくりはこんな商品!
・新鮮な馬刺しを使用した安心安全なドッグフード

・無添加で防腐剤や発がん性物質は入っていない

・ワンちゃんに必要なタンパク質が豊富に含まれているのに低カロリー

・他のドッグフードを食べなかったワンちゃんが食べてくれた、
ワンちゃんの食いつきが良くなった、毛艶が良くなった
という口コミあり

・今なら特典として20%オフのコースあり

・いつでも変更・休止が可能

チワワ先輩

馬肉自然づくりは、人間用と同じ鮮度の馬刺しを使用しているよ
実際に、人が食べて試験をしているドッグフードなら安心ね♪

まなか

愛するワンちゃんに
長生きしてもらいたい!

病気リスクをできるだけ下げて
ずっと一緒に散歩して
笑顔で元気に暮らしたい!

という方は、ぜひ馬肉自然づくりを
試してみてくださいね^^

◼︎参考◼︎愛犬だけが知っている!ワンちゃんの病気リスクを下げる無添加ドッグフードの口コミはこちら♪