犬に留守番を24時間以上させても大丈夫?注意すべきことは何?

ワンちゃんと一緒に暮らしていると、本当に心が落ち着いてポカポカと暖かい気持ちになりますよね。

でも、出張や旅行で、どうしてもワンちゃんと離れ離れになる必要が出来てしまった・・・こういうとき、ワンちゃんを長時間お留守番させても大丈夫なのか、迷いますよね。

飼い主さん

愛犬を24時間以上お留守番させても大丈夫なのかしら?どこかに預けた方がいいの?
どうしても、ワンちゃんを今度の旅行に連れて行くことができなくて・・・お留守番させたいんだけど、どんなことに注意すべきなのかしら?

飼い主さん

この記事はこんな人にオススメ!

・愛犬を24時間以上お留守番させても大丈夫?
・愛犬に長時間お留守番させるときに注意すべきことは?
・ワンちゃんを長時間お留守番させる危険は何

まなか

ワンちゃんに24時間以上お留守番させても大丈夫なのか知りたい!気をつけるべきことを知りたい!

というあなたのために説明していきますね。

愛犬に24時間以上のお留守番は長い!

一般的に、ワンちゃんをおうちに誰もいない状況で一人でお留守番させるのは、8時間程度が標準的な時間です。

家庭環境によっては、12時間程度もお留守番させている家庭もあるようです。しかし、ワンちゃんのトイレや食事のことを考えると、ワンちゃんだけでお留守番させる時間は12時間程度が限界と考えたほうがいいです。

よって、24時間以上もワンちゃんだけでお留守番させるのは、リスクがあるということは頭に入れておいたほうが思っていたほうがいいです。

犬に留守番を24時間以上させる時に気をつけることは?

それでも、どうしてもワンちゃんだけで1日程度のお留守番をさせなければいけないという場合、以下のことに気をつけてください。

犬に1日程度の留守番をさせる時に気をつけるべきこと

1.水は自由に飲めるよう多めに設置する
2.ご飯を置いておく
3.室温は一定に保つ(夏場や冬場は注意)
4.帰ってきた時に家を荒らしていても怒らない

それぞれ詳しく説明していきますね。

1.水は自由に飲めるよう多めに設置する

愛犬を長時間一人にしておく場合は、お水が自由に飲めるようにいつもより多めに設置して置いてください。

ワンちゃんが『喉が渇いたけれど、水がなくなって飲めないよ〜・・・』と喉が乾いてしまうことがないように、必ず出かける前に水の量を確認してあげてくださいね。

2.ご飯を置いておく

ワンちゃんを24時間くらい一人にしておく時には、ワンちゃんもお腹がすくのでご飯を置いておくようにしてください。

タイマー式の自動給餌器などあれば、それもオススメです。

自動給餌器はこのようなものです。


チワワ先輩

この自動給餌器であれば、簡単にタイマー設定できるしイタズラ対策もされているから安心だね♪

飼い主さんの声でご飯タイムをワンちゃんに知らせることができるのもいいわね♪

まなか

3.室温は一定に保つ(夏場や冬場は注意)

ワンちゃんをお留守番させるのが夏や冬の場合、必ずエアコンをつけて温度を一定にしてあげてください。

特に夏場は、エアコンをつけないまま出かけてしまうとワンちゃんが脱水症状を起こしてしまったりすることも考えられるので、気をつけてあげてくださいね。

チワワ先輩

エアコンの温度についても、出かける前に確認してあげてね

4.帰ってきた時に家を荒らしていても怒らない

これは、あなたが帰ってきたときの話なのですが、長いお留守番、特に24時間もの留守番をさせていた場合、一人にされたワンちゃんがイタズラをしてしまって、お家を荒らしている可能性も十分にあります。

しかし、どんなにイタズラをされていても、トイレ以外の場所にオシッコなどをされていても叱ったり、怒ったり怒鳴ることがないようにしてください。

あなたがその状況で愛犬を怒ったところで治りません。ワンちゃんが悪いことをして怒るのは、現行犯でないといけないのです。

チワワ先輩

ワンちゃんが長時間一人にされた場合、お部屋を荒らしてしまうことは十分に考えられるよ
愛犬を一人でお留守番させる時には、ある程度の覚悟は必要かもしれないわね

まなか

【安心】自動給餌器は遠隔操作でカメラ付きを選ぼう!

先ほども紹介しましたが、今はスマホで遠隔操作できる自動給餌器というものがあります。

スマホで遠隔操作できる自動給餌器・カリカリマシーンSPはこんな商品
・会社や出張・旅行先からスマホで遠隔操作してご飯をあげることができる

・タイマー設定・手動のどちらでもご飯をあげることができる

・『みまもりカメラ』がついているので愛犬の様子を確認できる

・外出先から愛犬に自分の声を聞かせることができる、愛犬の声を聞くこともできる

こちらが、実際のカリカリマシーンSPを使用している動画です。

外出先からでもスマホでワンちゃんの様子を動画で確認することができるのは安心で嬉しいわね♪

まなか

チワワ先輩

タイマー設定でご飯をあげることもできるし、出先からでも飼い主さんが『今ご飯をあげたい』と思った時に、スマホを使って手動であげることもできるんだよ

どうしても、お家で愛犬を長時間お留守番させなければいけない!という方は、ぜひ自動給餌器を使って見てくださいね。そして、自動給餌器を選ぶ時には、遠隔操作ができてカメラ付きのものを選んでくださいね。

◼︎参考◼︎旅行・出張先でも安心!愛犬の様子をスマホから見ることもできる遠隔給餌器の口コミはこちら♪

愛犬を24時間以上お留守番させるのが不安ならペットホテルに預けよう!ペットホテルがない場合の対処法も!

ワンちゃんを旅行や出張に連れていけない、どうしてもお留守番させなければいけない、という場合にオススメなのはペットホテルに預けることです。

獣医さんによっては24時間程度であれば、一人でお留守番させても問題ないと言われることもありまますが、ワンちゃんだけでお留守番させていて、もし火事などがあった場合にワンちゃんは逃げることができません。

ワンちゃんは言葉がわからないので、いつ飼い主さんが帰ってくるのか伝えることもできませんから、ずっとワンワン泣いてしまって近隣住民に迷惑をかけることも考えられます。

ワンちゃんを一人でおうちにして送って、小さい子を長時間お家で一人にしておく感じね

まなか

チワワ先輩

出かけていても、飼い主さんが心配になっちゃうね

そこで、オススメなのはワンちゃんをペットホテルに預けることです。

最近では、動物病院併設のペットホテルもありますので、もしいつもお世話になっている動物病院にペットホテルがあれば、そちらに預けることをオススメします。

でも、近くにペットホテルがなかったのよね。。

飼い主さん

という方には、自動給餌器をオススメします。

というのも、ペットホテルを何回か使うのであれば自動給餌器の方が安く済むからです。

ペットホテル(1泊あたり)の相場がこちら!
小型犬であれば3,000円
中型犬であれば4,000円
大型犬で5,000円
超大型犬になると6,000円

カメラ付きの自動給餌器だと、1台17,000円です。

確かに初回の出費はペットホテルの方が安いですが、出張や旅行で家を空けることが年に数回はある方や、この先10年以上、ワンちゃんと一緒に過ごすことを考えると自動給餌器の方が圧倒的に安く済む場合もあります。

飼い主さん

ちょっとした短いお出かけのつもりが長くなりそう・・・ワンちゃんのご飯が遅くなっちゃう

なんていう緊急の時も対応可能なのが自動給餌器です。

愛犬をペットホテルに預けたり長時間お留守番させた後には、帰宅したらたっぷりとワンちゃんをなでてあげたりコミュニケーションをとってあげてくださいね!

【まとめ】犬が留守番できるのは12時間が限界!長時間の場合はペットホテルを利用しよう

ワンちゃんに留守番させるときは4つのことに気をつけよう

ワンちゃんがお留守番できるのは12時間が限界と言われています。

もし、それ以上の長時間、愛犬を留守番させておく時には以下のことに気をつけてください。

犬に1日程度の留守番をさせる時に気をつけるべきことはコレ!
1.水は自由に飲めるよう多めに設置する
2.ご飯を置いておく
3.室温は一定に保つ(夏場や冬場は注意)
4.帰ってきた時に家を荒らしていても怒らない

ワンちゃんを一人でお留守番させておく時には、部屋を荒らされてしまう可能性が十分にありますが、現行犯でなければ怒っても意味がないので、怒らないようにしてくださいね。

愛犬だけでお家でお留守番させるときには、室内の温度やご飯・水の量を気をつけてあげてね

まなか

オススメは、スマホで遠隔操作できる自動給餌器です。

カリカリマシーンSPのような商品であれば、会社や出張・旅行先からでもスマホで遠隔操作して愛犬にご飯をあげることができます。

さらには、『みまもりカメラ』がついているので愛犬の様子をリアルタイムで動画にて確認することもできます。

チワワ先輩

近くにペットホテルがない場合は、遠隔操作できる自動給餌器があれば出先からでもワンちゃんの様子を動画で確認できて安心だね♪

愛犬を長時間お留守番させることが多いという方は、ぜひ自動給餌器を試してみてくださいね^^

◼︎参考◼︎愛犬を長時間お留守番させる方にオススメ!スマホから遠隔操作でご飯をあげれる遠隔給餌器の口コミはこちら♪