【犬がささみのおやつで死亡】生活クラブ連合会のささみのおやつで死亡事故!商品名は?初期対応が不味すぎた?

2019年8月、生活クラブ連合会が販売していた『犬・猫用ササミ姿干し 無塩』からサルモネラ菌と大腸菌が検出され、計68匹の犬猫が健康被害を受けたことが公表されました。そのうち15匹の犬猫は死亡してしまい、日本では大きなペットフードの事故となりました。

犬や猫は家族なので、ペットフードの事故が起きてしまうと本当に怖いですよね。

飼い主さん

サルモネラ菌と大腸菌が検出されたのは、ささみのおやつだったのよね。2019年8月に大きく報道されて問題になったけれど、1月の時点でクレームがきていたって本当なの?
生活クラブ連合会が販売しているペットフードを食べたペットが15匹も死んじゃったって本当?初期対応がまずかったの?

飼い主さん

この記事はこんな人にオススメ!

・生活クラブ連合会のペットフードから大腸菌とサルモネラ菌検出で死亡事故!
・生活クラブ連合会のフードを食べたペットが14匹死亡!?犬猫のささみのおやつだった?
・ペットフードを作っている業者の名前は?
・生活クラブ連合会は初期対応がまずかったの?
・安心安全な犬のおやつはどこで購入することができるの?

まなか

サルモネラ菌が検出された生活クラブ連合会が販売していたペットフードの事故について、もっと詳しく知りたい!初期対応が不味すぎたのかどうかも教えて!

というあなたのために説明していきますね。

生活クラブ連合会の犬猫のささみのおやつから大腸菌とサルモネラ菌検出!商品名は『犬・猫用ササミ姿干し 無塩』

生活クラブ連合会が販売していた犬猫のささみのおやつから、大腸菌サルモネラ菌が検出されてしまったようです。

どうやら、生活クラブ連合会の犬猫のささみのおやつを食べた、生活クラブの組合員59人が飼う68匹のペットに嘔吐や下痢などの症状が出たようです。

そして、その68匹のうち14匹が死亡したと報道されています。(14匹のペットの猫・犬の内訳は分かっていません)

14匹の犬や猫が死亡したなんて・・・これは、ひどいニュースね。。

まなか

チワワ先輩

海外ではこういうニュースがたまにあって、日本でも話題になったりするよね。日本でもこんなことが起きてしまうとは・・・

サルモネラ菌と大腸菌が検出され、食べたペット14匹が死亡したペットフードの商品名は『犬・猫用ササミ姿干し 無塩』という商品です。

鶏のささみ肉を加工した商品で、北海道内の業者であるノースペットが製造しています。

犬は、ささみのおやつが好きな子が多いわよね。ワンちゃんを喜ばせるためにおやつをあげたのに、そのおやつに含まれてしまっていた菌で死んじゃうなんて・・・

まなか

チワワ先輩

悲しすぎるよね、本当に

【追記】

犬猫用ササミ姿干しの15匹目の被害が起きてしまいました。。

生活クラブとノースペットが酷すぎる!ペットフードで死亡事故も愛犬を亡くした人に酷い対応!?

生活クラブ連合会の初期対応に批判殺到!?1月の時点でクレームが来ていた

そして、生活クラブ連合会の初期対応にも批判が殺到しています。

この『犬・猫用ササミ姿干し 無塩』は毎月8000~9000個売れるほどの人気だったのですが、2019年1月17日の時点で生活クラブ組合員からクレームが来ていました。

チワワ先輩

2019年1月の時点で来ていた飼い主さんからのクレームは『おやつから変な匂いがする』というものだったんだよ
その飼い主さんはひょっとしたら、いつもワンちゃんか猫ちゃんに『犬・猫用ササミ姿干し 無塩』を食べさせていた人かもしれないわね

まなか

ただこの時、製造工場に検査を依頼した結果は、製品サンプルに問題はないという回答でした。

しかし、2〜3週間後には、また『犬・猫用ササミ姿干し 無塩』の異臭を訴えるクレームが3件続きました。

そこで、本格的な調査にやっと乗り出し、2019年3月に入って販売を中止しました。

チワワ先輩

異臭を訴えるクレームが起きてから、販売の中止までに2ヶ月弱かかったんだね
2ヶ月も・・・その間に、商品はかなり売れちゃっているから、菌入りのささみのおやつを食べちゃった犬や猫も多かったのね・・・

まなか

『犬・猫用ササミ姿干し 無塩』を注文した組合員は9000人ほどいましたが、生活クラブ連合会は注意喚起のニュースを配りました。

しかし、組合員はすでに『犬・猫用ササミ姿干し 無塩』を愛犬や愛猫に食べさせてしまっていて、ペットの具合が悪くなったとの訴えが60件も届いたのです。

チワワ先輩

ささみのおやつを食べさせた飼い主さんは、まさかそんなことになっていると思っていなかったからビックリしただろうね
それで、死んじゃった犬や猫までいるなんて、本当に悲しいわ

まなか

農林水産省は『食品衛生法の見直しまでは考えていない』と回答!

実は、ペットフードやドッグフードは、日本の法律では食品という扱いを受けていません。

そのため、基準が甘かったりして、こういう死亡事故が起きてしまうことがあるのです。

ただ、農林水産省はこの死亡事故を受けても『食品衛生法の見直しまでは考えていない』とコメントしています。ペットフードの検査をしても10年前に施行されたペットフード安全法に基づく検査なので、甘いところがたくさんあるのかもしれません。

チワワ先輩

生活クラブでは、『今後は食品と同等の扱いをする』と発表したみたいだけれど、犬や猫が死んじゃってからでは飼い主さんにとっては遅すぎるよね
ほんとね。普段から、ワンちゃんに何を食べさせるのか、食べさせているものは安全なのかちゃんと考えなきゃいけないわね

まなか

中国産のペットフードの銘柄はこちら!中国産の犬のおやつで死亡事故も!

普段から徹底した衛生管理をして人間用の食品と同じ扱いをしているささみのおやつを愛犬に食べさせよう!

今回のおやつでの死亡事故で、怖い思いをした飼い主さんは多いと思います。

ご褒美にあげたおやつで家族同然の愛犬が死んでしまったなんて、悲劇でしかないですよね。

そうならないためにも、飼い主である私たちがしっかり安全なおやつを選んであげなければいけないわね!

まなか

チワワ先輩

そうだね。おやつを愛犬のために選んであげられるのは、飼い主さんだけだもんね

どこのメーカーの犬のおやつが安全か分からない・何をあげればいいのか分からないという方は、FAD+のおやつをあげるといいですよ♪


出典:ダッドウェイ公式サイト

ダッドウェイが販売しているFAD+のササミジャーキーは、国産の犬用おやつです。

素材の味と栄養そのままに、独自製法によってサクサクと食べやすくした犬のおやつで、とても評判なんですよ♪

FAD+のササミジャーキーは、原材料が鶏ささみとなっているわね♪

まなか

チワワ先輩

そうだね♪ だいたい、犬のおやつは添加物がたくさん使ってあるものが多いんだけれど、FAD+のササミジャーキーは添加物や着色料を使っていないんだね!

犬のおやつは、以下のような原材料や添加物が使われていることが多いです。

犬のおやつによく使われている原材料や添加物はこちら!
コーンスターチ・・・とうもろこしを原料とするでんぷん
ソルビトール・・・糖アルコール
グリセリン・・・保湿に使われる
pH調整剤・・・食品を適切なpH領域に保つために使われる添加物
プロピレングリコール・・・保湿・湿潤作用・静菌の作用がある添加物
酸化防止剤・・・自らが酸化することで他の食品の酸化を防ぐ添加物
発色剤・・・肉などの加工食品の変色や腐敗を防いて鮮やかな色に変化させる
着色料・・・食品を見栄えのよい色にしたり色持ちをよくしたりするために使う
ペットショップとかで犬のおやつの原材料をチェックすると、色々なものが使われているなとおもっていたけれど、たくさんの添加物が使われていたのね

まなか

チワワ先輩

そうなんだよ。犬の体に害はないと言われているものが多いとはいえ、ドッグフードでは無添加のものを選ぶ人が多いのに、おやつの原材料を気にしないのは不思議だね

そのため、愛犬に安心安全なおやつを食べさせたいという方は、ダッドウェイ公式サイトで購入できるような「ささみジャーキー」のおやつを購入して食べさせてあげるのがおすすめです。

ダッドウェイ公式サイトは、税抜5000円以上購入すると送料無料になります。

『愛犬に無添加で安心して食べさせられるおやつをあげたい!』という方は、ぜひダッドウェイ公式サイトで安心安全なおやつをチェックしてみてくださいね。

◼︎参考◼︎愛犬に無添加のおやつをあげたいならダッドウェイ!公式サイトをチェックする方はこちら♪

【まとめ】生活クラブ連合会の犬のささみのおやつで死亡事故!普段から人間と同じ基準で作られているものを食べさせよう

生活クラブ連合会のペットフードで死亡事故が起きた経緯のまとめ

生活クラブ連合会のペットフードを食べて死亡事故が起きた経緯はこちらです。

生活クラブ連合会のペットフードを食べて死亡事故!?
1.死亡事故が起きたのは『犬・猫用ササミ姿干し 無塩』
2.『犬・猫用ササミ姿干し 無塩』は毎月8000~9000個売れるほどの人気商品
3.2019年1月の時点で食べさせた飼い主さんから「匂いがおかしい」とクレーム
4.製品サンプルに問題はないという回答
5.2〜3週間経って、3件連続でクレーム
6.2019年3月に販売中止
7.68匹が下痢嘔吐、15匹が死亡

2019年8月に、生活クラブ連合会が販売していたささみのおやつ「犬・猫用ササミ姿干し 無塩」を食べた犬猫が健康被害を受けたことが公表されました。

計68匹の犬猫が健康被害を受けたのですが、そのうち15匹の犬猫は死亡してしまい、多くの飼い主さんが悲しい思いをしたのです。

こういうニュースを見ると、やはり人間用の食品と同じ基準で作られたドッグフードやおやつを食べさせる重要性を感じますね。

でも、ペット用のおやつって、たくさんの添加物が使われているものが多いのよね

まなか

チワワ先輩

そうなんだよね。実際に、ペットショップで販売されている犬用のおやつも、多くの添加物を使用していることが多いよ

例えば、犬のおやつには以下のような原材料・添加物が使われていることが多いです。

  • コーンスターチ・・・とうもろこしを原料とするでんぷん
  • ソルビトール・・・糖アルコール
  • グリセリン・・・保湿に使われる
  • pH調整剤・・・食品を適切なpH領域に保つために使われる添加物
  • プロピレングリコール・・・保湿・湿潤作用・静菌の作用がある添加物
  • 酸化防止剤・・・自らが酸化することで他の食品の酸化を防ぐ添加物
  • 発色剤・・・肉などの加工食品の変色や腐敗を防いて鮮やかな色に変化させる
  • 着色料・・・食品を見栄えのよい色にしたり色持ちをよくしたりするために使う
最近は、おやつを毎日のようにワンちゃんに食べさせている人も多いです。

ドッグフードは無添加のものを選ぶのに、犬のおやつは添加物がたくさん使われているものをあげるというのでは、あまり意味がないですよね。

また、犬のおやつに使われている発色剤と保存料は、掛け合わせることで毒性を増すものもあります。

そういえば、発色剤の亜硝酸ナトリウムと保存料のソルビン酸・ソルビン酸カリウムは、組み合わさることで発がん性物質が生まれてしまう可能性もあるんだったわね

まなか

チワワ先輩

そうなんだよ。そんな危ないおやつを、大切なワンちゃんにあげたくないよね

愛犬の健康を考える飼い主さんに、私がおすすめしているのはダッドウェイが販売しているFAD+のササミジャーキーです。

FAD+のササミジャーキーをチェックすると、原材料は「鶏ささみ」のみとなっています。

ダッドウェイが販売しているFAD+のササミジャーキーは、原材料が鶏ささみだけなのね!

まなか

チワワ先輩

そうなんだよ♪ それでいて、素材の味と栄養をそのまま活かして、独自製法によってサクサクと食べやすくしているんだからすごいよね

FAD+のササミジャーキーは、犬のおやつの原材料にも気を配っている飼い主さんからとても好評です。

また、ダッドウェイにはササミジャーキーだけでなく、ささみチップス・ささみビッツ・鹿肉のジャーキー・馬肉のジャーキーも販売しています。

どれも、添加物を使用していないので、とても安心なんですよ♪

安心安全なおやつをワンちゃんに選んであげられるのは嬉しいわね!

まなか

チワワ先輩

そうだね♪ 僕もこういう無添加のおやつをたくさん食べたいなぁ

ダッドウェイでは、税抜5000円以上購入すると送料無料になるのでお得です。

『犬のおやつを食べさせたことが原因で愛犬の健康を損なうのは絶対嫌だ!安心安全なおやつを食べさせてあげたい!』という方は、ぜひダットウェイのおやつを試してみてくださいね♪

◼︎参考◼︎無添加で安心安全なおやつならダッドウェイ!公式サイトをチェックする方はこちら♪