犬の後ろ足がふらつく?立てない場合は病気の可能性も?改善させるならこのドッグフードがおすすめ!

ワンちゃんが元気に走り回る様子は、本当に可愛らしくてこちらまで笑顔になりますよね^^

飼い主さん

でも、最近ワンちゃんの後ろ足がふらつくの心配なの・・・筋力が低下しているのかしら?
愛犬が立ち上がるときにヨロヨロし始めて、後ろ足が震えてるの・・・心配だけれど、もう年だから仕方ないのかしら?

飼い主さん

この記事はこんな人にオススメ!

・愛犬の後ろ足がふらつくのはなぜ?
・ワンちゃんが後ろ足で立てない場合は病気の可能性もある?
・愛犬が立ち上がるときヨロヨロしたり、ふらつくのをなんとか治してあげたい!

まなか

ワンちゃんの後ろ足がふらついて心配!治せるならなんとか治してあげたい!

というあなたのために説明していきますね。

犬の後ろ足がふらつく?立てない場合考えられる理由と対処法はコレ!

一般に、ワンちゃんの後ろ足がふらつく場合や立てないときには、以下の理由が考えられます。

犬の後ろ足がふらつく・立てない10個の理由!

・老化による筋力不足
・後ろ足の関節痛
・椎間板ヘルニア
・老化・加齢による変形性脊椎症
・腫瘍
・外耳炎
・水頭症
・糖尿病
・脊髄損傷など事故などの後遺症
・重症筋無力症
・認知症

ワンちゃんの後ろ足がふらついたり立てない理由や、考えられる病気がたくさんあって驚かれたかもしれません。

これまで元気に歩いていたのに、急に歩けなくなった、立つときにふらつくようになってしまった。足を引きずるようになった、ということは事故のような大きなきっかけもなくワンちゃんに起きてしまう事があります。

通常考えられるのは、加齢や老化による衰えや筋力不足、後ろ足の関節痛によるものです。

チワワ先輩

ただ、椎間板ヘルニアの可能性もあるし他の病気の可能性もあるから、ワンちゃんの歩き方がおかしい、と思ったら病院に連れて行ってあげてね!
子犬であれば水頭症の疑いもあるから、早く病院に連れて行ってあげたいわね

まなか

ワンちゃんが歩くときによろけたり、立ち上がるときにふらついて様子がおかしい場合には、必ず病院に連れて行ってお医者さんにみてもらってくださいね。

そして、こちらがワンちゃんが病気でない場合、加齢や老化・関節炎によって後ろ足がふらついたり立てなくなったときの対処法です。

犬の後ろ足がふらつく!改善する方法はこの3つ!

1.フローリングの場所にコルク剤のマットやカーペットを敷く
2.関節炎のサプリを使用する
3.ドッグフードを良いものに見直す

ワンちゃんに元気に長生きしてもらうためにも、より良い環境を作っていってあげてくださいね。

隣人さんのダックスフンドが歩けなくなった!再び歩けるようになった理由とは?

実は、私の隣人さんが12歳のダックスフンドを飼っていて散歩中によくお会いするのですが、ある時から見なくなってしまいました。

『どうしたのだろう?』と思っていたところ、そのダックスフンドが歩けなくなってしまったようです。

すぐに病院に行ったところ、椎間板ヘルニア後ろ足の筋力不足と診断され、ショックを受けていたようです。

もう、うちの子はずっと歩く事ができないのかな・・・

隣人さん

『でも、やっぱりまたワンちゃんと一緒に散歩したい!元気に遊びたい!』と思った隣人さんは、ドッグフードを見直したり、家の中のフローリングの場所をコルク材のマットを敷き詰めたりカーペットを敷いたりして、できることをしていったようです。

隣人さんは、市販のドッグフードを食べさせていたようですが、そのドッグフードは安いもののワンちゃんにあまり良くない成分が入っていて老化を進めてしまっている可能性があると言われてしまったんだとか。。

チワワ先輩

市販のドッグフードは安いけれど、検査基準も甘かったりするからワンちゃんに良くない成分が含まれている事があるんだね
ワンちゃんのためにもしっかりと成分を確認してあげないといけないわね

まなか

人間が食べることのできる高品質のドッグフードに変えたり、ワンちゃんの足腰に負荷を与えるフローリングの場所をなくしていくという努力が実って、そのダックスフンドの椎間板ヘルニアも少しずつ改善していきました。

そして、ついに歩く事ができるようになり、また散歩もできるようになり散歩中に隣人さんとお話ができるようにもなりました。

大切なうちの子だからこそ、できることは全部してあげたいわ♪

隣人さん

椎間板ヘルニアと診断されたり、後ろ足がふらついたりヨロヨロと歩いていたりしても、これから一生その状態が続くというわけではないので安心してくださいね。

隣人さんのように、飼い主さんの頑張りで改善していくこともありますよ^^

犬の後ろ足がふらつくのを改善させる方法の詳しい説明!

ここからは、後ろ足がふらつくワンちゃんを獣医さんに診てもらっても、特に病気などの異常ではなく関節炎や老化によるものだと言われてしまった場合、改善させていく詳しい方法について説明していきます。

1.フローリングの場所にコルク剤のマットやカーペットを敷く

室内で飼われているワンちゃんにとって、フローリングやツルツル滑る床は腰に負担がかかってしまいよくありません。

特に、ダックスフンドやチワワなどはヘルニアになりやすいです。ワンちゃんの足腰への負担を少なくするためにも、飼い主さんができることをやってあげたいですね。

オススメはフローリングやツルツル滑る場所にコルク剤のマットやカーペットを敷くことです。こちらがコルク剤のマットです。

お家の大きさによって色々と組み合わせができますし、ワンちゃんが汚してしまった場合にはその部分だけ取り外して洗う事ができるのでとてもいいですよ^^

ワンちゃんが滑るような場所は極力少なくしてあげたいわね

まなか

2.関節炎のサプリを使用する

もし、あなたのワンちゃんが後ろ足の関節炎に悩まされているのであれば、関節炎のサプリを使用するのもオススメです。

例えば、サミーフィッシュのようなものだと、今ワンちゃんが食べているご飯にふりかけてあげるだけで関節の軟骨をサポートする事ができます。

サミーフィッシュはこんな商品!
・原料は国産、厳選された食材を使用している

・人間も食べる事ができる

・無添加で保存料なし

・使用した人の満足度が100%

・医学誌にも掲載されている

・今なら特典として試食用2袋と栗の木スプーンがプレゼント

・今だけ、もし試食でNGだった場合全額返金ができる

・いつでも変更・休止が可能

無添加で満足度が100%なのはすごいわね!医学誌にも掲載されているなら安心ね♪

まなか

チワワ先輩

人間も食べる事ができる商品だから飼い主さんも食べて確認する事ができるし、送料無料も嬉しいね♪ もしワンちゃんが食べなかった場合に全額返金ができるのもいいね♪

サミーフィッシュは、DHAやEPAも入っているので認知症のワンちゃんにもオススメです。

認知症や軟骨のすり減りによる関節炎に悩まされているワンちゃんには、サミーフィッシュのようなサプリを試してあげてくださいね。

3.ドッグフードを良いものに見直す

人の高齢者の足腰が弱くなって筋肉が落ちることを、サルコペニアと呼びます。歳をとって適度な運動や適切な栄養素を取っていないと、どうしても筋力が落ちてしまいます。

いったん筋力が落ちてしまうと骨折などもしやすくなり、骨折してしまうと一定期間動けなくなってしまいます。一定期間動けなくなると、ますます筋力が落ちる・・・という負のループに陥ってしまうのです。

これと同じことは、ワンちゃんにもおきます。そして、ワンちゃんの場合、それが後ろ足から始まっていくのです。

どうしてワンちゃんは歳をとっていくと、最初に後ろ足から弱り始めるのかしら?

まなか

チワワ先輩

ワンちゃんは普通に立っているときも7対3で前足の方に体重を載せているんだ。もともと、後ろ足よりも前足の方に体重を乗せていて後ろ足の筋肉を使う割合が少ないから、後ろ足から弱っていくんだね
なるほど!ワンちゃんの後ろ足が弱っていかないためにも、しっかり栄養をとることと適度な運動が必要なのね

まなか

運動だけでもダメですし、栄養をとるだけでもダメで、運動と栄養をとることの両方が大切です。ワンちゃんの足のためにも、ちゃんと栄養が取れるドッグフードにしてあげてくださいね。

そして、もしあなたが市販のドッグフードを使用している場合、そのドッグフードがワンちゃんの老化を早めてしまっている可能性があります。

私の隣人さんもダックスフンドの市販のドッグフードを食べさせていましたが、添加物や防腐剤が大量に含まれているドッグフードだったようで驚いていました。市販のドッグフードは安くていいように思えますが、残念ながら検査基準が人間よりも緩いため発がん性物質なども含まれている可能性があるのです。

ドッグフードにそんなものが含まれているなんて怖いわね・・・

まなか

チワワ先輩

大切なワンちゃんには、体にいいものを食べさせてあげたいよね

ワンちゃんの健康のためにも良いドッグフードを探している方は、人間も食べることができる馬肉自然づくりのようなものがいいですよ♪

犬の後ろ足がふらつく!立てないときにはドッグフードを変えることがオススメ!

老化や加齢でワンちゃんの後ろ足がふらついて立てない、でも『なんとかしてあげたい!』という方に一番オススメな方法は、ドッグフードを変えることです。

ただ、ドッグフードを変えるにしても種類はたくさんありますし、良いドッグフードを探すのは大変で、どのドッグフードにすれば良いのか迷いますよね。。

そんな方にオススメなのが馬肉自然づくりです。

馬肉自然づくりはこんな商品!
・新鮮な馬刺しを使用した安心安全なドッグフード

・ワンちゃんに必要なタンパク質が豊富に含まれているのに低カロリー

・食欲が落ちているワンちゃんがおかわりをねだるようになった、ワンちゃんの食いつきが良くなった、毛艶が良くなったという口コミあり

・今なら特典として20%オフのコースあり

・いつでも変更・休止が可能

馬肉自然づくりは人間用の新鮮な馬刺しを使用したドッグフードで、試作の段階で人が食べて確認しているので品質的にも安心で、とても丁寧に作られているドッグフードです。

ワンちゃんは本来、肉が主食です。人間もタンパク質が必要ですが、ワンちゃんは人間の4倍のタンパク質が必要なのです。

通常それだけのタンパク質をとると太る心配もあるけれど、馬肉自然づくりは高タンパクで低カロリーだから太る心配もなくて安心ね♪

まなか

チワワ先輩

特に、椎間板ヘルニアは肥満犬にもよく見られるよね。太り気味のワンちゃんにダイエットさせたいけれど栄養もしっかりとってほしい!という飼い主さんにオススメだね♪

ワンちゃんの後ろ足がふらつく、歩くときにヨロヨロしていて心配、という方はドッグフードを馬肉自然づくりに変えるだけなのでお手軽でオススメです。

飼い主さん

でも、今、ワンちゃんにあげているドッグフードから変えるのはちょっと怖いかも・・・

という方も安心してください。

今なら特典として20%オフのコースがありいつでも変更・お休みができるので単品購入するよりも、定期コースに申し込んでワンちゃんが万が一食べてくれない場合は休止することも可能です。

いつでも変更やお休みができるのは安心ね♪

まなか

『ワンちゃんの足がふらつくのをなんとか治してあげたい!ずっと健康に長生きして一緒に散歩したい!』という方は試してみてくださいね^^

◼︎参考◼︎愛犬の後ろ足のふらつきが改善!新鮮馬刺し使用でヒューマングレードのドッグフードの口コミはこちら♪



【まとめ】犬の後ろ足がふらついたり立てない場合はすぐに病院へ!

犬の後ろ足がふらつく?立てないときに考えられる理由と対処法は

ワンちゃんの後ろ足がふらついたり立てない場合に考えられる理由は10個あります。

犬の後ろ足がふらつく10個の理由!

・老化による筋力不足
・後ろ足の関節痛
・椎間板ヘルニア
・老化・加齢による変形性脊椎症
・腫瘍
・外耳炎
・水頭症
・糖尿病
・脊髄損傷など事故などの後遺症
・重症筋無力症
・認知症

もし、ワンちゃんの後ろ足がふらついていたり、立てない場合にはすぐに病院に行ってあげてください。

そして、特に病気などではなく、加齢や老化によって後ろ足が立てない場合やふらつく場合には3つの対処法があります。

犬の後ろ足がふらつく!立てない場合に改善する方法はこの3つ!

1.フローリングの場所にコルク剤のマットやカーペットを敷く
2.関節炎のサプリを使用する
3.ドッグフードを良いものに見直す

ワンちゃんが病気ではなく、加齢や老化によって後ろ足が立てなかったりふらついている場合に、一番オススメなのはドッグーフードを変えることです。

人も歳をとって足腰が弱くなり、適度な運動や適切な栄養をとっていないと、どんどん筋力が落ちていきます。筋力が落ちると骨折しやすくなり、骨折すると一定期間動けなくなり、動けなくなるとますます筋力が落ちるという負のループに陥ってしまいます。

ワンちゃんもこれと同じことが起き、ワンちゃんの場合は後ろ足から弱っていきます。

だから、後ろ足が立てなくなるワンちゃんが多いのね

まなか

チワワ先輩

ワンちゃんのためにも、しっかりと必要な栄養を取れるドッグフードをあげてあげたいね

ワンちゃんの健康や成長のためにも、たくさんの動物性タンパク質が含まれたご飯をあげてくださいね。

私がオススメしているのは馬肉自然づくりです。

馬肉自然づくりには

飼い主さん

エサ選びに迷っていたけれど、ワンちゃんがパクパク食べてくれたわ
ワンちゃんの食いつきが良くなって、毛艶が良くなったの!

飼い主さん

という口コミがたくさんあります。

人間用の新鮮な馬刺しを使用したドッグフードで、試作の段階で人が食べて確認しているので品質的にも安心で、とても丁寧に作られているドッグフードです。

チワワ先輩

やっぱり僕も安心安全なご飯が食べたいなぁ

今なら特典として20%オフのコースがありいつでも変更・お休みができるので単品購入するよりも定期コースに申し込んでワンちゃんが、万が一食べてくれない場合は休止することも可能です。

『愛犬にずっと丈夫な足腰でいてもらいたい!』『ずっとワンちゃんと一緒に散歩を楽しみたい!』という方は、ぜひ試してみてくださいね^^

◼︎参考◼︎ワンちゃんの足腰を守る!馬刺し使用の高タンパクで低カロリーな栄養満点のドッグフードはこちら♪