犬はじゃがいもを食べていい?生はNG?腎臓が悪い子は大丈夫なのかも調査!

じゃがいもはホクホクしていて、とっても美味しいですよね!

春と秋が旬のじゃがいもですが、犬はじゃがいもを食べていいのでしょうか?

飼い主さん

犬はじゃがいもを食べていいの?
犬にじゃがいもを生で食べさせていいのかな?腎臓が悪い犬がじゃがいもを食べて大丈夫なのかも知りたいな

飼い主さん

この記事はこんな人にオススメ!
  • 犬はじゃがいもを食べていい?食べれるの?
  • 犬にじゃがいもを生で食べさせるのはNG?大丈夫?
  • 犬にじゃがいもを食べさせる場合は腎臓が悪くない場合に限る?
  • 犬にじゃがいもを食べさせる場合のレシピは?
  • 犬に食べさせていいじゃがいもの量は?
  • 犬にじゃがいもの皮を食べさせるのはいいの?
  • 犬にじゃがいもを毎日食べさせていい?

まなか

犬はじゃがいもを食べていいの?生はNGなのか、腎臓が悪い子が食べても大丈夫なのかどうかも教えて!

というあなたのために説明していきますね。

犬はじゃがいもを食べていい・食べれる?

犬はじゃがいもを食べていい・食べれるのか心配する飼い主さんは多いです。

また、じゃがいもは生でも食べていい・食べれる大丈夫な野菜なのでしょうか?

結論から言うと、じゃがいもは犬も食べていい・食べれる大丈夫な野菜です。

犬はじゃがいもを食べていいのね!

まなか

チワワ先輩

そうなんだよね♪じゃがいもに含まれている栄養について、詳しく見ていこうか

こちらがじゃがいもに含まれている主なカロリーと栄養素です。

 

じゃがいものカロリー 100gあたり76kcal
たんぱく質 1.6g
脂質 0.1g
炭水化物 17.6g
カロテン 0μg
ビタミンC 35mg
カリウム 410mg
0.4mg
マグネシウム 20mg

じゃがいもには直接エネルギー源になる炭水化物や、食物繊維、ビタミンC、カリウムなど犬の体にも良い栄養素が豊富に含まれています。

そのため、犬もじゃがいもを食べていい・食べれるのです。

じゃがいもには、犬の健康維持に役立つ栄養素が豊富に含まれているのね!

まなか

チワワ先輩

そうなんだよね♪その中でも炭水化物・ビタミンC・カリウムが豊富なんだね

炭水化物は直接エネルギー源となる栄養素で、体を動かすエネルギーの元になります。

ビタミンCは強い抗酸化作用があり、老化防止や免疫力の向上などの効果があります。また、じゃがいもに含まれるビタミンCは熱に強いため、生でなくても効率よく摂取することができるのです。

カリウムは神経や筋肉などが正常に機能するために役立ち、老廃物の排出を促すための利尿作用もあります。

これらの栄養素をはじめ、犬の体に良い栄養素が豊富なので犬もじゃがいもを食べれる・食べていいと言えるのです。

犬にじゃがいもを生で食べさせるのは良くない?

犬はじゃがいもを食べていい・食べれると説明しましたが、生でも食べて大丈夫なのでしょうか?

犬は生のじゃがいもを食べることができない訳ではありませんが、どちらかというと避けたほうが良いでしょう。

私たち人であれば、じゃがいもに多く含まれるデンプンを口内の消化酵素で消化することができますが、犬にはその消化酵素が多くありません。そのため、生のままだと消化しにくく、その結果嘔吐や下痢に繋がる可能性があります。

わざわざ愛犬に生のじゃがいもを食べさせて、下痢や嘔吐を引き起こしたくはないわね

まなか

チワワ先輩

そうだね。ワンちゃんにじゃがいもを食べさせる場合は、生で食べさせないようにしたいね

じゃがいもには食物繊維も含まれているので、やはり生だと消化しにくく、犬にも負担になってしまいます。

なので、やはりじゃがいもは生ではなく、茹でるなどで加熱をしてから食べさせるようにすると良いでしょう。

腎臓が悪い犬にじゃがいもを食べさせるのはいいの?腎臓病の場合注意することはある?

生のじゃがいもは食べないほうが良いと説明しましたが、腎臓病などで腎臓が悪い犬の場合はどうでしょうか?

腎臓が悪い犬も、じゃがいもを食べて大丈夫なのでしょうか?

じゃがいもは含まれているリンが少ないので、低リン食べ物として、腎臓病のフードに使われていることもあります。

じゃあ、腎臓病の犬にとっては食べても大丈夫な食べ物と言えそうね♪

まなか

チワワ先輩

そうなんだよね。ただ、リンが少ない反面、じゃがいもにはカリウムが豊富に含まれているんだ。だから、ちょっと注意が必要なんだよ

カリウムは健康な犬であれば問題ないのですが、腎臓病の犬の場合摂取したカリウムを上手く排出できないため、高カリウム血症になってしまう可能性もあります。

高カリウム血症になると腎臓に負担をかけてしまうために、腎臓病の悪化に繋がるなどの可能性もあるのです。

となると、やっぱり自分で判断せずに、一度獣医さんに相談してみたほうが良さそうね

まなか

チワワ先輩

そうだね

犬が1日に食べていいじゃがいもの量は?

では、犬も食べれる・食べていいじゃがいもは、1日にいったいどのくらいまでであれば食べていいのでしょうか?

「身体に良い成分が多く含まれているならたくさん食べさせてあげたい!」とついつい思ってしまうかもしれませんが、身体に良いからといってたくさんの量を与えるのは良くありません。

また、犬のメインのご飯として食べていけるほどの栄養はじゃがいもにはありません。

となると、与える際はちょっとしておやつくらいが良さそうね

まなか

チワワ先輩

そうだね。ご飯のトッピング程度にして、与えすぎないように気を付けてほしいね

また、犬が1日に食べていいおやつの量は、1日に必要なエネルギー量のうち10~20%以内が良いと言われています。

そのため、その範囲に収まる程度で与えるようにする必要があります。

以下は、1日に食べれるじゃがいものおおまかな目安量です。

犬が1日に食べれるじゃがいもの目安量はこちら
体重10kg未満の小型犬…約1個
(体重4kg未満の超小型犬の場合は約1/2個)

体重25kg未満の中型犬…約1個と1/2個

体重25kg以上の大型犬…約2個〜

じゃがいもの大きさにもよりますが、普通サイズの生のじゃがいもの重さは約130g程度です。

これはあくまでもおやつやトッピングをじゃがいもだけで考えた場合のおおまかな量なので、他にもおやつをあげたりトッピングをするのであれば、その量はもっと少なくなるでしょう。

そして1日に食べれる大まかな目安量は、その犬の体格や1日にどのくらい運動しているかなどによって変わってきます。

たくさんの量を与えすぎてしまわないように注意しましょう。

犬はじゃがいもを毎日食べていいの?

効率よくエネルギー摂取ができ、体にも良いじゃがいもですが、犬はじゃがいもを毎日食べていいのでしょうか?

じゃがいもは、適量であれば犬も毎日食べて大丈夫です。

ただ、やはりカロリーは決して低いとは言えないので、食べ過ぎは肥満の原因になります。

じゃがいもやお芋が好きなワンちゃんは多いから、じゃがいもをよく食べるからといって、いっぱい食べさせすぎないようにしたいわね

まなか

チワワ先輩

そうだね♪

腎臓病などの持病をがある犬にとっては悪影響になる可能性もりますが、適切な量を守り、生ではなくしっかり火を通しているものであれば毎日食べても大丈夫です。

犬が腎臓病になったらさつまいもは食べさせていい?茹で方や皮を取るのかも調査!

犬にじゃがいもの皮を食べさせても大丈夫?

生のじゃがいもは食べさせない方がいいと最初の方で説明していましたが、じゃがいもの皮はどうでしょうか?

食べれる大丈夫な部分なんでしょうか?

結論から言うと、生のじゃがいもと同じく、皮も犬に食べさせない方がいい部分です。

犬にじゃがいもの皮は食べさせない方がいいのね

まなか

チワワ先輩

そうなんだよね

じゃがいもには「ソラニン」や「チャコニン」などの毒素が含まれていますが、その毒素はじゃがいもの芽だけではなく、緑色の皮の部分にも多く含まれています。

この毒素で中毒になってしまうと、嘔吐・下痢・痙攣・呼吸困難・失神などの症状が現れてしまいます。

新鮮なじゃがいもならそこまでの心配はいりませんが、生のじゃがいもと同じように、じゃがいもの皮も食べさせずにしておくと安心です。

犬の腎臓病・心臓病にかぼちゃが良いは本当?皮や種は食べて大丈夫か調査!

犬にじゃがいもを食べさせる場合のレシピはこちら!

ここでは犬にじゃがいもを食べさせる場合のレシピを紹介します。

どれも簡単なレシピなので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

1.マッシュポテト

犬も食べれるマッシュポテトのレシピです。

蒸かしたじゃがいもを潰し、スキムミルクやヤギミルクなどの犬が飲めるミルクと、無塩バターを一緒にいれて混ぜます。粗熱が取れたら完成です。

2.じゃがいもクッキー

犬も食べれるじゃがいもクッキーのレシピです。

蒸かしたじゃがいもをなめらかになるように裏ごしします。じゃがいもの量に対して3割程の小麦粉を加えて切るように混ぜ合わせます。

これで生地の完成です。

あとは200℃で余熱をしておいたオーブンに、好きな形にくり抜いた生地を入れて焼けば完成です。

厚さ0.5cm程であれば、10分程で焼き上がります。

3.じゃがいもリゾット

犬も食べれるじゃがいもリゾットのレシピです。

にんじんやキャベツ、じゃがいもなど好きな野菜を消化しやすいように小さく切ります。

オリーブオイルを入れて温めた鍋に野菜を入れ、しっかり火が通るまで炒めます。

火が通ったら水を入れ、柔らかくなるまで煮込んだら、炊いたご飯を入れお好みの柔らかさになれば完成です。

程よい温かさになってから食べさせてください。お好みでささみや他の野菜などを入れても大丈夫です。

どのレシピも、塩やこしょうといったような調味料は使いません。犬には必要ないのです。

また、油を使うときは、サラダ油ではなく、オリーブオイルや亜麻仁油などを使うと犬にも優しい料理となります。

興味のあるレシピがありましたら、ぜひ試してみてくださいね。

【まとめ】犬にじゃがいもを食べさせても大丈夫!食べさせ過ぎには注意

じゃがいもは犬の体に良い栄養素が豊富な、犬でも食べていい・食べれる大丈夫な野菜です。しかし、消化に悪いので生のじゃがいもを食べさせるのはやめましょう。食べさせる際は、生ではなくしっかり火を通して与えるようにしてください。また、皮もしっかり取り除きましょう。

また、じゃがいもはリンの含有量が少ないので、腎臓病などで腎臓が弱い犬でも食べさせることができます。その反面、カリウムが豊富なので、腎臓が弱っている場合、逆に悪影響となってしまうこともあります。腎臓病などで腎臓が弱っている犬にじゃがいもを食べさせたい場合はかかりつけの動物病院に相談してから食べさせるようにするといいでしょう。

今回紹介した犬でも食べれるじゃがいもレシピは、調べると他にも様々なじゃがいもレシピがあります。ぜひ愛犬のためにじゃがいもレシピを作ってみて、一緒に味わってみてくださいね。