犬が吠える人と吠えない人の違いは?飼い主に吠える理由をチェック!

ワンちゃん好きの人でも、犬が吠える人と吠えない人がいたりしますよね。

その違いは何なのでしょうか?

飼い主さん

犬が吠える人と吠えない人の違いなんてあるのかしら?
たまに、飼い主に吠えるワンちゃんや特定の家族に吠える子もいるけれど、理由を何なんだろう?

飼い主さん

この記事はこんな人にオススメ!

・犬が吠える人と吠えない人の違いは?
・犬が飼い主に吠える理由は何?
・犬が飼い主に威嚇するのはなぜ?
・犬が特定の家族に吠える理由は?

まなか

犬が吠える人と吠えない人の違いを教えて!

というあなたのために説明していきますね。

犬が吠える人と吠えない人の違いは?

犬が吠える人と吠えない人の違いですが、大きな違いは以下の2つです。

犬が吠える人と吠えない人の違いはコレ!
1.犬の気持ち・性質を理解してコミュニケーションをとっているかどうか
2.犬が苦手で警戒心が伝わって吠えられる

詳しく説明していきますね!

1.犬の気持ち・性質を理解してコミュニケーションをとっているかどうか

まず、犬が吠える人によくあるのが、初めて会ったワンちゃんの頭をなでたがる・ワンちゃんに触れたがるということです。

分かりやすいところだと、ワンちゃんの頭を自分のタイミングだけでなでようとしてしまったり抱っこしてしまったりすると、ワンちゃんに吠えられてしまったりします。

なるほど。犬の気持ちを考えてあげることが大事なのね♪

まなか

チワワ先輩

ワンちゃんも信頼している人以外には触られたくないから、信頼していない人から触られたりすると警戒しちゃったり嫌いになっちゃったりするんだね

可愛いワンちゃんを見つけた時には、『触ってみたいなぁ』と思ってしまったりしますが犬種によっては飼い主さん以外の人間をとても警戒する子たちもいます。

さらに、他人が飼っているワンちゃんを勝手に触るのもマナー違反なので、もし人懐っこいワンちゃんで触りたいなと思ったときは飼い主さんに『触っても大丈夫ですか?』と聞くようにしましょう。

確かに、そうやってちゃんと聞いておけば、『警戒心が強いワンちゃんだから・・・』ということも飼い主さんから聞けそうよね

まなか

2.犬が苦手で警戒心が伝わって吠えられる


さらに、犬が苦手・怖いなどの理由で警戒している人は、その警戒心が犬に伝わってしまうことで吠えられてしまうケースもあります。

確かに、警戒されると余計にワンちゃんも身構えちゃうわよね

まなか

チワワ先輩

こういう場合は、そのワンちゃんが噛まない・吠えないと確信が持てないとなかなか触れるのが難しいよね

落ち着いた態度で犬に接してあげて、ワンちゃんのタイミングでこちらに来るようにすれば吠えたりすることはありません。

ワンちゃんにも警戒心は伝わってしまうということを、頭に入れておいてくださいね。

犬が飼い主に威嚇するのはなぜ?特定の家族に吠える場合も?対策やしつけ方法はこちら!

そして、もしかしたら『飼い主なのに犬に威嚇された!』『特定の家族のいつも吠える』という方もいるかもしれません。

犬が飼い主に威嚇するのはなぜなのかしら?

まなか

チワワ先輩

考えられる理由は3つあるよ

こちらが、犬が飼い主に威嚇する理由・特定の家族の吠える理由です。

犬が飼い主に威嚇する・特定の家族の吠える理由はこちら!
1.犬の中で序列が低い
2.犬と過ごす時間が短く信頼されていない
3.過去に愛犬にしたことがトラウマになっている

詳しく説明しますね。

1.犬の中で序列が低い


犬の中で序列が低いと、飼い主さんに威嚇したり・特定の家族にだけ吠えるということがあります。

チワワ先輩

これは、ちょっとかわいそうなんだけど、吠えられた飼い主さんは愛犬に舐められてる可能性があるよ
え!舐められてるの!?

まなか

犬は序列を作る習性があります。

そのため、家族でお父さん・お母さん・子供・犬という3人と一匹が一緒に生活をしていると、

お父さん

お母さん



子供

というような序列を作ってしまうんです。

チワワ先輩

何もしつけをしないと、犬は自分が家族の中で一番下の人より一つ上だって思っちゃうんだよ
だから吠えるのね・・・

まなか

そのため、先ほどのような序列だと、自分より序列が下の子供が自分のおもちゃを取ろうとすると犬は吠えたり威嚇することがあります。

ただ、これはやはりしつけで直していかなければいけません。

飼い主さんはどうしたらいいのかしら?

まなか

チワワ先輩

一番いいのは、犬に威嚇された人が厳しく叱ることだよ

遊んでいるシチュエーションでもないのに愛犬に威嚇されたら、しつけとして厳しく叱ることが大事です。

『でも、可愛いから・・・』などと甘くしていたら、威嚇や序列は絶対に直りません。

時にはお尻を叩いたりして、飼い主が愛犬に怒ることが大事なのです。

チワワ先輩

ポイントは、威嚇してきたら低い声で短く、すぐに怒ることだよ♪
それを繰り返すことで、ワンちゃんも威嚇しちゃいけないと思って序列が変わっていくのね

まなか

威嚇をやめたら、なでてあげたりおやつをあげたりするのもいいですよ♪

愛犬に威嚇された場合は、心を鬼にしてしつけしてあげてくださいね。

2.犬と過ごす時間が短く信頼されていない

そして、犬と過ごす時間が短い飼い主さんの場合、信頼されていないために吠えられたり威嚇されることがあります。

ワンちゃんも、ある程度の時間を一緒に過ごさないと人間を信用してくれないのね

まなか

チワワ先輩

そうだね。でも、一緒に遊ぶ時間を作ったりコミュニケーションを取るようにすれば、信頼されていくから大丈夫だよ

どうしてもお仕事などで愛犬と一緒にいる時間が少ないという方は、ご飯をあげる役を担当するのもオススメです。

愛犬におすわりやお手をやって、できたらおやつをあげるということもコミュニケーションになりますよ♪

3.過去に愛犬にしたことがトラウマになっている

そして、意外にも多いのが過去に飼い主さんがしたことが愛犬のトラウマになってしまって吠えているということです。

そういえばテレビで見たんだけれど。庭で掃き掃除をしていたおばあちゃんに子犬がじゃれついたんだけれど、掃除の邪魔だったから『邪魔しないで、ダメでしょ』という感じで軽くホウキでワンちゃんを脅かしちゃったの。それが、ワンちゃんはとっても怖くて、『おばあちゃんと仲良くしている家族も敵だ!』と思って家族に吠えたり噛みついたりしていたの

まなか

チワワ先輩

ワンちゃんにとって、本当に怖かったんだろうね

人間にとっては些細なことでも、ワンちゃんにとっては本当に怖くてトラウマになってしまってる場合もあります。

こういう場合は、かなり時間がかかりますがワンちゃんに『自分たちは敵ではない、あなたのことを愛している』というのをわかってもらう必要があります。

ワンちゃんのトラウマを、時間をかけて解いていきたいわね♪

まなか

犬が飼い主に吠えるというのは、あまり良いことではありません。

しつけをしっかりとして、『飼い主の自分の方が犬の中で序列が下だった!』ということがないようにしましょう。

【まとめ】犬が吠える人と吠えない人の違いを覚えて意識しよう!

犬が吠える人と吠えない人の違いはこちら!

犬が吠える人と吠えない人の違いは大きく分けて2つです。

犬が吠える人と吠えない人の違いはこちら!
1.犬の気持ち・性質を理解してコミュニケーションをとっているかどうか
2.犬が苦手で警戒心が伝わって吠えられる

自分のタイミングだけでなでてしまったり、触るのはやめましょう。

また、飼い主に威嚇するワンちゃんや特定の家族に吠えるワンちゃんもいます。

これは大きく分けて3つの原因が考えられます。

犬が飼い主に威嚇する・特定の家族の吠える理由はこちら!
1.犬の中で序列が低い
2.犬と過ごす時間が短く信頼されていない
3.過去に愛犬にしたことがトラウマになっている
愛犬をしっかりしつけて良い関係を築いていきたいわね♪

まなか

チワワ先輩

間違っても愛犬の頭を押さえつけたり、怖い思いをさせてしつけようとしないでね

愛犬に威嚇されたり吠えられた場合は、低い声で短く怒って愛犬が静かになったら褒めてあげてくださいね。