犬はレタスを生で食べれる・食べていい?腎臓が悪い子は食べて大丈夫か調査!

レタスはシャキシャキしていて、とても美味しいですよね♪

犬もシャキシャキした食感を好みますが、犬はレタスを生で食べれるのでしょうか?

飼い主さん

犬はレタスを生で食べれるの?
腎臓が悪い犬もレタスを食べていいのかな?

飼い主さん

この記事はこんな人にオススメ!
  • 犬はレタスを生で食べれる・食べていい?
  • 犬はレタスを食べていい?腎臓が悪い子は注意が必要?
  • 子犬はレタスをいつから食べれるの?

まなか

犬はレタスを生で食べれるの?腎臓が悪い子も食べていいのか、子犬はレタスをいつから食べれるか教えて!

というあなたのために説明していきますね。

犬はレタスを生で食べれる?食べていいのか調査!

犬はレタスを食べれるのか、食べていいのか、また、私たちがサラダとしてレタスを生で食べるように、犬も生で食べれるのか、食べていいのかを心配する人は多いです。

結論から言うと、犬はレタスを食べれる・食べていいです。そして生でも食べれます。

犬はレタスを食べれるのね!

まなか

チワワ先輩

そうなんだよ。一応、レタスに含まれている成分を見ていこうか

こちらが生のレタスに含まれている主な成分です。

 

レタスのカロリー 100gあたり12kcal
たんぱく質 0.6g
脂質 0.1g
炭水化物 2.8g
カロテン 240μg
ビタミンC 5mg
カリウム 200mg
0.3mg
マグネシウム 8mg

レタスは低カロリーなうえに、95%が水分となっています。

レタスはビタミン類や食物繊維、葉酸やカリウムなど様々な栄養素が豊富だから、ワンちゃんにとっても身体に良いわね♪

まなか

チワワ先輩

そうなんだよね♪生のレタスも食べれるし、ワンちゃんも好きな子が多いよね

この記事ではレタスを食べれるのか詳しく説明していきますが、中にはアレルギーを持ってる犬もいます。

そのため、愛犬にレタスを食べさせる時にはアレルギーがないか注意しましょう。

また、他にも注意する点があるのでそれらにも気を付けるようにしましょう。

子犬はレタスをいつから食べていい?

先ほど、犬は生のレタスも食べれる・食べていいと説明しましたが、子犬はレタスを食べれる・食べていいのでしょうか?

また、子犬の時期でも食べれるのであれば、いつから食べていいのでしょうか?

答えから言うと、子犬であってもレタスを食べることができます。生であっても食べていいです。

子犬もレタスを食べていいのね♪

まなか

チワワ先輩

そうなんだよね♪だいたい、歯が生え変わってからの方がいいよ

子犬の時期は消化器官が未発達なので、たくさんの量を与えてしまうと下痢などになってしまう可能性があります。

子犬の時期にレタスを与えるのであれば、子犬用フードを細かく砕いたりせずに、そのまま食べ始めることができるようになってから与えてみるといいでしょう。

しかし、基本的に子犬の時期は極少量にして、定期的にあげるというよりかはたまに与えてみるくらいにとどめておきましょう。

レタスは子犬の時期から必ず食べさせなければいけないものではないので、子犬のときは与えないというのもありよね

まなか

チワワ先輩

そうだよね。成犬になってから少しずつ与えてみる、というのでもいいかもしれないね

犬に1日に食べさせていいレタスの量は?

では、犬も食べれる・食べていいレタスは、1日にいったいどのくらいまでであれば食べていいのでしょうか?

「低カロリーで身体に良い成分も含まれているならたくさん食べさせてあげたい!」とついつい思ってしまうかもしれませんが、身体に良いからといってたくさんの量を与えるのは良くありません。

また、犬のメインのご飯として食べていけるほどの栄養はレタスにはありません。

となると、レタスはちょっとしたおやつや、ご飯のトッピング程度に与える感じよね

まなか

チワワ先輩

そうなるね

また、犬が1日に食べていいおやつの量は、1日に必要なエネルギー量のうち10~20%以内が良いと言われています。

そのため、その範囲に収まる程度で与えるようにする必要があります。

以下は1日に食べれるレタスのおおまかな目安量です。

犬が1日に食べれるレタスのおおまかな目安量はこちら
体重10kg未満の小型犬…約50g~60g以下
(体重4kg未満の超小型犬の場合は約15~25g以下)

体重25kg未満の中型犬…約100g~110g以下

体重25kg以上の大型犬…約110g~130g程度

レタスの大きさにもよりますが、レタスの葉の1枚の重さは約30g程度です。25kgくらいの大型犬であればレタスの葉5枚前後と考えるといいかもしれませんね。

また、これはあくまでもおやつやトッピングをレタスだけで考えた場合のおおまかな量なので、他にもおやつをあげたりトッピングをするのであれば、その量はもっと少なくなるでしょう。

そして1日に食べれる大まかな目安量は、その犬の体格や1日にどのくらい運動しているかなどによって変わってきます。

たくさんの量を与えすぎないように注意したいわね!

まなか

チワワ先輩

そうだね♪食べ過ぎてしまうと、アレルギーでなくても消化不良になってしまうこともあるから気をつけてほしいね

消化不良になると、嘔吐や下痢を引き起こすこともあるので注意してください。

犬にレタスを毎日食べさせていいの?

では、適量を守れば犬に毎日レタスを食べさせてもいいのでしょうか?

健康な犬に、与えすぎないように適量であれば毎日与えても問題はありませんが、基本的に犬に毎日レタスを与える必要はありません。

普段食べているドックフードで必要な栄養は摂取できていますし、食性的に見ても、犬は雑食寄りの肉食なので食物繊維の豊富な食べ物の消化を得意としません。なので、レタスを毎日与える必要はないのです。

健康な犬であれば、適量を毎日食べさせても問題はなさそうね

まなか

チワワ先輩

そうだね♪胃や腸に問題がないなら毎日食べさせてもいいけど、たまにお腹の調子が悪くなってしまう犬なら毎日与えるのではなく、たまに与える程度にした方がいいね

犬にレタスを食べさせるなら腎臓に注意が必要?

レタスを食べさせる場合、腎臓に注意が必要とはいったいどういうことなのでしょうか?

レタスには最初に説明したようにカリウムが豊富に含まれています。

このカリウムという成分は、老廃物の排出を促す利尿作用や、心筋・筋肉・神経の機能調節などの重要な役割を担っています。そして腎臓の機能によって排出されて必要以上のカリウムが体の中に残らないように調節されています。

健康な犬であれば、腎臓の機能によってスムーズにカリウムが体外に排出されるのよね

まなか

チワワ先輩

そうなんだよね。健康なら問題ないけれど、腎臓病などで腎臓の機能が低下している犬の場合は、カリウムを上手く排出できなくなっているから体に悪影響を及ぼしてしまったりするんだよ

そのような状態であるため、腎臓病などで腎臓の機能が低下してる犬はカリウムの摂取量を制限されている場合があります。

なので、腎臓病の犬にレタスを与える場合は注意する必要があります。

腎臓病などで腎臓の機能が低下してしまっている犬にレタスを食べさせる場合は、まずはかかりつけの動物病院に相談し、指示に従うようにしましょう。

犬はレタスの芯を食べていいの?

基本的に犬も生で食べれる・食べていいレタスですが、レタスの芯も一緒に食べれる・食べていいのでしょうか?

基本的に犬は生のレタスのように、芯も一緒に食べることができます。

レタスの芯はレタスによって硬さが違ってきますが、簡単にちぎることができる程度の硬さの芯であれば与えても大丈夫です。小さくカットしてから与えると良いでしょう。

たまにレタスの芯がものすごく硬いときがあるわよね

まなか

チワワ先輩

そうだよね。簡単にちぎることができないくらい硬いレタスの芯は、そのままだと喉に詰まってしまったりするから危ないよね。消化に良くないから、ワンちゃんに食べさせるのは避けてあげてね

レタスの芯を犬は食べることができますが、一方で少し気を付けたほうがいい点もあります。

というのも、レタスの芯は根っこの一部であるため、農薬が蓄積しやすい部分でもあります。農薬は加熱処理したとしても完全に取り除くことは難しいです。

すべてのレタスの芯に農薬が身体に害を及ぼしてしまうほど蓄積されている、というわけではないのよね

まなか

チワワ先輩

そうだね。農薬が心配という人は、芯を取り除いてからレタスの葉を与えるようにするといいよ

無農薬で作られたレタスであれば、芯に農薬が含まれている可能性もないので安心して食べさせることができます。

芯を与えるときも、食べやすいように小さくしてから食べさせてくださいね。

犬はレタスアレルギーの子もいる!?下痢や吐く犬も?

腎臓病などで腎臓の機能が低下している犬にレタスを与えるときは注意が必要だと説明しましたが、アレルギーの場合も同様に注意が必要です。

基本的に犬も食べれる・食べていいレタスですが、犬の中には稀にレタスアレルギーの犬もいます。

レタスに対してアレルギーを持っている犬が食べてしまうと、アレルギー反応が出てしまいます。

そっか。レタスアレルギーの犬もいるのね

まなか

チワワ先輩

そうなんだよね。レタスアレルギーには、色々なアレルギー症状があるんだ

以下は、もしレタスアレルギーの犬が食べてしまった場合に出るアレルギーの症状です。

レタスアレルギーの犬の症状はこちら
1.皮膚が赤くなる
2.皮膚を痒がる
3.皮膚に腫れや紅斑ができる
4.毛が抜けている箇所がある
5.肉球や特定の部位を頻繁にかじる
6.嘔吐する
7.下痢になる
8.ご飯を食べなくなる
9.1日の排便回数が多くなる

レタスを食べてから明らかに下痢など様子がおかしくなった場合は、すぐにかかりつけの動物病院に相談しましょう。

レタスを犬に初めて食べさせる場合は、アレルギーを持っているかどうかが分からないから、少量のレタスを様子を見ながら食べさせるようにすると大丈夫ね

まなか

チワワ先輩

そうだね。食べた後に異常がなくて、大丈夫だと判断出来た場合のみ、またレタスを食べさせてあげてほしいね

もし食べた後で何かしらの異常が出てしまい、動物病院でアレルギーだと判断された場合は、それ以降食べさせないようにしましょう。

【まとめ】犬はレタスを食べれる!食べ過ぎには注意

レタスは低カロリーでありながら、抗酸化作用のあるビタミンEやビタミンC、骨の生成を促進するビタミンK、整腸作用のある食物繊維や、葉酸、カリウムなど様々な栄養素が含まれているため、犬はレタスを食べれる・食べていいと言えます。また、レタスを生で食べても問題ありません。加熱しても生でも両方を与えることができます。

まだ子犬の時期であっても、同様にレタスを食べさせることもできますが、子犬の頃は消化器官が未発達なので極少量にとどめ、食べさせるタイミングも、子犬用フードをそのまま食べることができるくらいまでに成長してから与えるといいでしょう。

しかし、その反面注意も必要です。腎臓病などで腎臓の機能が低下している子や、アレルギーの犬にはそれぞれ病気の悪化やアレルギー反応を引き起こす可能性があります。腎臓病の子にレタスを与える際はまずはかかりつけの動物病院に相談しましょう。

また、アレルギーでなくても、沢山の量を食べてしまうと消化不良によって下痢などに繋がります。1日に与える量にも注意をしましょう。レタスの芯は基本的に食べることができますが、硬すぎるものは避け、小さく食べやすい大きさにしてから与えてください。

今後レタスをサラダで食べるときなど機会がありましたら、量などに注意しつつぜひ一緒に味わって見てくださいね。